緑の効果で長生きは本当だった!女性の疾患リスクを低下させた!

おはこんにちこんばんは!!

長生きの秘訣とは、体の体調が良好。つまり、病気をしないことであると思います。

そこで今回は体にとって良い情報なので参考にしてください。

 

それではいきましょう。

photo credit: Wild via photopin (license)


緑の効果


緑色

心理的に精神的な鎮静効果、リラックス効果や緊張状態の緩和などの効果もあるので、緊張するときは緑を見るといいです。目の疲れにも効果的で、精神的なバランスを整えたり、心臓や血圧のバランスも整えてくれる効果があります。
お茶もそうですね。(関係ないのかなあ)

よく長生きするために田舎に引っ越すとかありますよね。

それは緑が多いところに行こうとしているんじゃないかと思われます。

 


米調査による結果は女性の疾患リスクを低下させた!


『女性は緑豊かな環境で暮らした方が長生きでき、慢性疾患のリスクも低下する』

研究チームが全米の女性を対象に実施した調査

研究チームは慢性疾患のリスク要因調査に参加した全米の女性10万8000人を対象に、2000年から08年にかけ、自宅周辺の緑の多さと死亡リスクとの関係を調べた。

その結果、最も緑の多い環境に暮らす女性は、最も緑が少ない環境に暮らす女性に比べて死亡率が12%低いことが分かった。緑の量は衛星写真を使って判断した。

男性の場合も調べれば同じような結果が出ると研究チームは推定する。

死亡原因となる疾患との関係を調べた調査では、自宅周辺に緑が多い女性はそうでない女性に比べ、腎疾患による死亡率が41%、呼吸器疾患による死亡率は34%、がんによる死亡率は13%、それぞれ低いことも分かった。
緑の多さと死亡率との因果関係を数年にわたって調べた全米調査は今回が初めて。

 

緑を求めて田舎に引っ越さなくても、身の周りに緑を増やすば死亡リスク低下に繋がるんですね。

緑が多いのは人だけでなく地球全体にとって良い事なんですね。

 


まとめ


 

・緑の効果

・女性の疾患リスクを低下させた!

 

接骨院と整骨院にかかるときの注意は?安心な見分け方とは?

 

それではありがとうございました。