五月病の治し方と対策は?いつまで続くの?症状の簡易チェック

おはこんにちこんばんは!!

今回は5月に陥りやすい病気についていきたいと思いますのでお願いします。

大型連休GWを楽しんでいましたか?

私は家族の体調不良でどこにも行っておりません。

 

それではいきましょう。

photo credit: Ouissal in Venice via photopin (license)


五月病とは?


五月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生や社会人などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。

4月から新しい環境でよしやるぞと思って気持ちが高ぶっていたところに5月の連休が重なって体調不良を起こす。
5月に限って起きる病気ではなく、完璧主義なひとや内向的な人過保護に育てられた人などが陥りやすい病気であります。

 

厄介なのが少し似た症状のうつ病であります。
うつ病・・・眠れない、食欲がない、何をやっても楽しめない、憂鬱な状態。

軽度な五月病から適応障害や軽度のうつ病になってしまうこともありますので、

長く症状が続く時には病院で見てもらって下さい。


五月病の治し方と対策は?


治し方と対策は少し重なるところがありますので、対策しながら治す、また、治しながら対策していけばいいと思います。

治し方

放っていれば治るとされていますが、その判断は恐いのでやめておきましょう。

まず体の不調、頭痛やだるいなどの症状は病院へ行きましょう。

うつ病と少し似た症状がありますので、長く続く場合は自分で判断せず、病院にいきましょう。

 

対策

 

・まず趣味を楽しみましょう。好きな事好きなだけやって気分転換しましょう。

・少しおかしいなと思ったら友人や上司に相談してみましょう。

・規則正しい生活をする。これは何に対しても当てはまりますから休みだからといって夜更かしなどは控えましょう。

・悩みを抱え込まない。悩みを忘れて楽観的に気楽に気持ちを切り替えましょう。

・何でもいいので目標をもちましょう。目標があると人はそれに向かおうとしますので、新しい環境ということもあり、これからのためにも目標を立てましょう。

・適度な運動が大事であります。ウォーキングでもいいので有酸素運動をしましょう。

・ビタミンCを摂る。ストレスで体内のビタミンがなくなってしまいますので、食生活も注意しながら過ごしましょう。健康は食生活の現われなので。

 


いつまで続くの?


1~2ヶ月で自然に環境に慣れ症状が良くなる、とは言いますけど自分的には長いと思いますので、

1ヶ月続くようなら、しつこいですけども病院へ行ってみてもらってください。

 

五月病はいつまで続くのか?

人によるものだと思われます。

環境の変化が4月から始まりまして約1ヶ月の間に、知らない間に体の中に疲れが蓄積してしまっていて、

体の不調として出てきた時が五月病になります。

ただ、知らない間なので・・・五月に症状が出るので1ヶ月とされていますが・・・

 

環境の変化になれて体調が元に戻るのは1ヶ月くらいだと思います。

ここもやはり人それぞれです。

体に疲れが溜まっているのに体を休めなかったら治るのが遅くなります。当然です。

家ではゆっくり休んで、学校や仕事はほどほどに。

頑張りすぎないことが早く治ると思います。


症状の簡易チェック


下記に果てはまることがありましたら、五月病の疑いがありますので参考にしてみてください。

・朝早くめが覚めても布団からなかなか出れない
・食欲がない
・頻繁に頭痛、めまいが起こる
・身だしなみを整えるのが面倒だ
・イライラしたり、焦ったりしやすくなってきた
・マイナス思考に陥りやすい
・なかなか寝付くことができない
・学校、会社が近づくにつれて体調不良の症状がでる
・人と会うのが面倒くさい
・作業効率が悪くなったり、ミスが多い

 

胃腸の症状

胃痛、胃もたれ
腹痛
便秘
下痢
食欲の低下
吐き気

 

睡眠系

日中の眠気、睡魔
眠れない、寝付きが悪い
不眠(中途覚醒,早起覚醒)

 

風邪に似た症状

疲れやすい、疲労感が抜けない
頭痛
倦怠感、だるい

発熱、微熱
蕁麻疹、アトピーの悪化
アレルギー症状の悪化

 

メンタルヘルス系

やる気が出ない、無気力
欠勤、不登校、休む
イライラ
抑うつ
動悸
貧血、めまい
不安


まとめ


・五月病とは?

・五月病の治し方と対策は?

・いつまで続くの?
・症状の簡易チェック

いかがでしたか?

本当に症状が長い場合は病院で診察してもらってくださいね。(3回目)

 

 

それではありがとうございました。