ファインディングドリー吹き替え声優は誰なのか?公開日とあらすじは?

おはこんにちこんばんは!!

今回はあなたも大好きディズニーについていきたいと思います。

『ファインディング・ドリー』

ファインディング・ニモの続編であります。

映画のタイトルに2とつきませんでしたね。

これはディズニー映画のトリビアとされているひとつであります。

 

それではいきましょう。

スポンサードリンク


ファインディングドリーとは?



ファインディングドリーとは?

誰もが知っているディズニーの映画であります。
ドリー、ドリー、ドリー、・・・・
ファインディング!!あっ、ニモだ!!となりましたね。
私もそうなりました^^

今回はなぜドリーなのでしょうか?

ディズニーキャラクターの中でドリーは一番の人気があるみたいですよ。
『それはないよ~』と思いましたね。
私もそう思いました^^

fecebookでのいいね!が最多の

2500万以上

の記録を持っています。

この人気から今回主役になったのであろうと私は思います。

(ただドリーが世に出てから13年がたっておりますから。fecebookは12年)
こういった考察も私の中での楽しみなのでいいじゃないですか^^


公開日とあらすじは?



あらすじ

ファイティング・ニモのお話から1年後のお話。
主役のドリーは健忘症、忘れん坊。

健忘症とは?
(記憶障害で、物忘れから重度の記憶喪失まで、その程度は人によってさまざまです。パソコンやスマートフォンの普及によって自分で考える機会が減少。脳を使っていないからが原因)

海の世界には関係なさそうなので単なる忘れん坊でいきましょう。

ニモとドリーが遠足に行った時のこと。
エイは故郷に戻る習性があると学んだドリーは、フラッシュバック!
そんなドリーが唯一思い出したことがあった・・・

両親のことである。

その両親を探しにニモと大冒険に!!
その冒険でいろいろな仲間と出会い、成長する。
果たして、ドリーは両親に会うことができるのだろうか・・・

 

そのヒントは・・・

人間の世界にあった!!

本当にディズニーの映画は先が読めないので楽しみですね。

 

公開日はどうなの?

初公開は?

2016年6月17日

日本公開日は?

2016年7月16日(土)

前売り券特典は?

特典はなし!!

残念です・・・
忘れましょう。

『ムビチケカード』が販売されています。
一般1400円(税込み)小人900円(税込み)

記念にどうですか?

スポンサードリンク


吹き替え声優は誰なのか?


『ファイディング・ニモ』に出演されていた声優さんから変わりはありません。

新しいキャラについて

・ディズニー公式さんのクイズ

『ファインディング・ドリー』の予告編を見て、ハンク役またはデスティニー役の日本語吹替版キャストを予想してハッシュタグ【ドリーのハンクの声】または 【ドリーのデスティニーの声】を付けてツイートしてください。
ハンク役・デスティニー役それぞれの正解者の中から抽選で4組8名様を、6月下旬実施予定の来日記者会見イベントにご招待!

【応募期間】
2016年4月20日(水)(応募開始日) 〜 2016年5月15日(日)(応募締切日)
www.disney.co.jp引用元
とされています。

新しいキャラクターですね。

・私の予想 

敵か見方か?変身が得意な謎のタコ

あわてんぼうなジンベイザメの女の子

の二人の声優を当てるクイズとなっておられます。

私の予想は・・・

ジンベイザメはわかりません!

この海のように広い世界で一人を当てるなんて無理ですよ^^

タコは予想ができます。
『この人であったらいいな』という願望と、木梨憲武さんがヒントではないかと思っています。
答えは・・・

石橋貴明さんであります。

コンビだから友情出演とかありそうじゃないですか。
これだけはピンときましたね。

 

でも違いますね。私の願望が・・・

それでは結果を待とうではありませんか。


木梨憲武さんと室井滋さんの予告動画


・パート3はマーリンかもしれない。13年後の作品になるが・・・

マーリンといったらニモのお父さん。

面白いとコメントでしたがないと思いますよ木梨憲武さん^^
それでは動画です。

www.disney.co.jp引用元


まとめ


・ファインディングドリーとは?
・公開日とあらすじは?
・吹き替え声優は誰なのか?
・木梨憲武さんと室井滋さんの予告動画

 

いかがでしたか?

夏まで待てません。忘れてしまいそうです^^

こちらもどうぞ^^

ファインディングドリーの隠れキャラと隠れミッキーは?ニモから予想

ファインディングドリーの隠れキャラを調査!18の真実ネタバレ注意

それでは最後までありがとうございました。

スポンサードリンク