衣替えはいつから?歴史と季節を知る!役に立つ収納のコツと洗濯

おはこんにちこんばんは!!

あなたはもう終わりましたか?

衣替え。

いろいろと面倒ですがしておかないと大変なことになってしまいますので、これをみて少しでも参考になってくれたらいいと思います。

 

さっそくいきましょう。


スポンサードリンク


 

衣替えの歴史


現在の日本では夏服から冬服に変更します。
学校では主に毎年6月1日と10月1日に制服の衣替えの時期になります。

私は学校での衣替え習慣によって衣替えということを学びました。

 

いつから始まったのか?

衣替えの習慣の歴史は平安時代から始まったとされています。
泣くよ鶯平安京ですね。794年~1185年くらいの時代ですね。

 

更衣室の更衣とは?

中国からの風習であります。
4月1日と10月1日に夏服と冬服を着替えることと定めた。
これを『更衣』と呼んだ。
・それから天皇の着替えを担当していた女官の職名を更衣と言った。
・それから天皇の寝床担当する女官を女御と言うようになった。
上記の二つから民間人は、『なんて言えばいいんだべ』となり、衣替えと呼ぶようになったとさ。

 

鎌倉時代は?

1185年~1333年
平安時代の400年くらいの間で大分変化してきた。
衣服だけではなく、調度品(日用品ですね)まで取り替えることとなった。

 

江戸時代は?

1603年~1868年
オシャレ人口が増えて着物の種類が増えました。
幕府の指令で年4回の衣替えでの出仕を制度化された。
制服の始まりですかね。

 

明治時代は?

1868年~1912年
洋服の本格的な始まりですね。
政府は役人、軍人、警察官の制服に定めて、夏服と冬服の衣替えの時期も制定した。
この流れから学生服に。
次第に現代では企業や学校では6月1日と10月1日に衣替えを行うようになった。


衣替えはいつから?


運動会を期に衣替えの始まりというのを聞いたことありますが、どうなのでしょうか?^^
私的には体の反応次第で厚着したり薄着したりしていますけどね^^
奥様達はそうはいかないのでご説明いたします。

 

・気温の目安

気温20~25℃で夏服
気温15~20℃で秋服
気温15℃以下で冬服
しかし、昼間と夜の寒暖の差が激しい季節がありますので、上記を目安に季節も含め衣替えを行いましょう。


・春の衣替え

3月~5月
寒暖の差が激しい時期であります。
この季節は朝・昼・夜の3つに分けて衣服を準備しておきましょう。

 


・秋の衣替え

お盆を終えてから夜は肌寒くなってきているような感じがしますね。
この時期から長袖の準備をしておきましょう。
10月後半から11月にかけて衣替えをしましょう。

幼稚園の衣替えは指示通りに。
小中高の制服はこれも指示。
私服は個人にまかせて衣替えをしましょう。

最後に季節の変わり目は気温の変化が激しいので天気予報で確認しておくことをお勧めいたします。

これも習慣付けておきましょう。

 


収納のコツ



スポンサードリンク



・大人の服の収納

せっかくの習慣でありますから、この機会に着る服着ない服分別しましょう。
整理整頓の法則でもありますように、期間を決めて使わなかったものは片付けるか処分するかをします。
服も同じであります。
お店に売ったり処分しましょう。

 

クリーニングをしてから収納しましょう。

なぜか?

あなたの服には知らない間に汚れています。
そのまま収納してしまうとシミなどが取れなくなってしまう可能性がありますので、クリーニングしてから収納しましょう。

収納の最大のポイントは?
分けて収納することです。
春服、秋服、夏服、冬服、兼用服
ここでいう兼洋服は春でも冬でも着るものです。
収納するものは全て着る服になっているので季節に応じて出し入れが楽になります。

・小さなお子さんがいる家庭

小さなお子さんがいる家庭では1年でお子さんの成長が著しく変わります。
そのためにサイズ別で収納しましょう。
服が小さくなったら処分する。
衣替えの時もお子さんのサイズに合わせて出すだけで終わりです。

 


洗濯



衣替えのタイミングで収納する前に服を綺麗にしてから収納しておけば出す時にそのまま着られますので洗濯、クリーニングなどしてから収納しましょう。

天気

天気が良い日に洗濯しましょう。
雨の日にしてしまうと生渇き、カビが繁殖するきっかけでをつくってから収納・・・考えただけで嫌ですよね。


お風呂の残り湯

これは絶対にやめておきましょう。
お風呂には人の汚れがたくさんありますので、しかも衣替えで衣類が何ヶ月も収納されていますので、黄ばみ、ニオイなどの原因となってしまいます。


収納場所

こちらも洗濯とはいいませんが、綺麗にしてから衣類を収納しましょう。
せっかく綺麗にした衣類がほこりなどで汚れ、更に何ヶ月も・・・


洗濯後

衣類の乾燥は徹底しましょう。
完璧に乾かしましょう!!
これもまたカビやニオイの原因になってしまいます。


クリーニング

クリーニングセールなどのしているタイミングでもOK^^
確実なものだと思います。
大事にしている服はクリーニングにされた方が良いと思います。


防虫剤

大切な衣料品を虫食いから守りましょう。
ムシューダ、ミセスロイド、ネオパース
防虫剤は服の上に置きましょう。
防虫剤は上から下に広がっていきますので注意しましょう。
各防虫剤の説明をよく読んでくださいね。


まとめ


 

・衣替えの歴史

・衣替えはいつから?

・収納のコツ

・洗濯

 

いかがでしたか?

あなたの大事な服なので年に2回の衣替えです。
手間をかけましょう^^

 

それではありがとうございました。


スポンサードリンク