汗の役割ってあるの?多汗症チェックと汗腺トレーニング方法!

おはこんにちこんばんは!!

最近暑くなってきましたね。

私は毎日、汗との戦いです。

お酒を飲むので余計ね^^

夏になるとたくさん汗をかいて不快になりますね。

でも、実は汗にはとても大切な役割があります。

そして、汗には『いい汗』と『悪い汗』があるのです。

汗のことを知って上手にいい汗をかきましょう。

 

それではいきますよ。

スポンサードリンク

汗の役割


役割として一つ目は・・・

体温を調節する。

暑い時にたくさん汗が出るのは、汗が蒸発する際に熱を奪うしくみを利用して、脳や内臓の温度上昇を防ぐためでありますね。

休憩などで汗がひいてからまた体を動かすと、非常に体がだるいいですね。

これは体がフルで動いている証拠でしょう。

二つ目・・・

新陳代謝を促す。

体熱の発散は新陳代謝の促進に繋がります。

汗をかけないと代謝が抑制され冷え性の原因にも繋がります。


・いい汗と悪い汗

汗は『汗腺』から出ます。

汗腺は全身にある『エクリン腺』と沸き下や耳の裏にある『アポクリン腺』の2種類があります。

『エクリン腺』・・・

エクリン腺から出る汗は成分がほとんど水なので、サラサラしてにおいも少ない(いい汗)のが特徴です。

しかし、汗腺の機能が衰えたり、鈍ったりするとミネラル成分も多く排出されてベトベトした汗(悪い汗)になります。

『アポクリン腺』・・・

アポクリン腺から出る汗はタンパク質や脂質などが含まれ、菌の作用で強いにおいを発します。

わきの原因にもなります。


多汗症チェック!当てはまったら要注意


□当てはまる人は要注意です。多汗症の疑いがあります。

チャック項目

□部分的に異常な汗をかく(女性)・・・更年期多汗症

□たくさんの汗をかき、脇の下のにおいが気になる・・・ワキガ型多汗症

□手のひらや足の裏にもたくさんの汗をかく・・・精神性発汗型多汗症

汗と性ホルモンは相関関係があり、男性ホルモンは汗を促し、女性ホルモンは汗を抑える傾向があります。

更年期の女性が多くの汗をかくのは、ホルモン分泌量が減って汗のブレーキがきかなくなるから。

治療としてはホルモン補充療法などがあります。

スポンサードリンク


汗腺トレーニングのススメ


エクリン腺の汗のにおい対策

エクリン腺の汗はほとんどが水ですが、ナトリウム、尿素、アンモニア、カリウムなどがほんの少し含まれます。

汗腺がしっかり働いていれば、水以外の成分は発汗前に再吸収されるため、汗はサラサラでにおいも残りません。

しかし、『暑さに慣れていない人』『汗腺の機能が衰えた人』などは再吸収されず、ベトベトしてニオイも残りやすくなります。

そこで!!

入浴タイムを利用して汗腺の働きを活発にする汗腺トレーニングはこれ!

1:お風呂に熱めのお湯を少なめに入れて、ひざ下とひじ先を10~15分つける。

(お風呂のイスなどを使って調整し、楽な体勢で)

2:湯温を約36℃まで下げて、全身浴を10~15分行う。

3:お風呂上りにしっかりと水分補給を行なう。

 

やるにあたっての注意があります。

*高齢者、高血圧の人、心臓に持病がある人は行なわないでください。


まとめ


汗の役割

体温調節と新陳代謝
・いい汗と悪い汗

エクリン腺とアポクリン腺
多汗症チェック!当てはまったら要注意

更年期多汗症、ワキガ型多汗症、精神性発汗多汗症
汗腺トレーニングのススメ

エクリン腺のあせのニオイ対策

入浴タイムを利用して汗腺の働きを活発にする汗腺トレーニングはこれ!

 

いかがでしたか?

知識があってこそ自分の状態を知れます。

是非参考にしてみてください。

それではありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク