天才の学習方法『ファインマン・テクニック』便利で効率よく学習!

スポンサードリンク




おはこんにちこんばんは!!

私は日頃『もう少し頭がよかったらなあ~』と思うことがあります。

あと『もう少し勉強していればなあ~』も思います。

情けないことですが、後悔しても先に立たずです。

今から取り返しましょう^^

ということで私と同じことを思っていた人に必見ですよ。

あなたは『ファインマン・テクニック』をご存知ですか?

これを実行して未来を明るくしましょう^^

少しでも参考になっていただけたら幸いです。

それではいきましょう。

スポンサードリンク

ファインマンとは?



名前:リチャード・P・ファインマン
生年月日:1918年5月11日(歳)
生まれ: アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク マンハッタン
死没: 1988年2月15日, アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス
職業:物理学者

経路積分や、素粒子の反応を図示化したファインマン・ダイアグラムの発案でも知られる。
1965年、量子電磁力学の発展に大きく寄与したことにより、ジュリアン・S・シュウィンガーや朝永振一郎とともにノーベル物理学賞を共同受賞した。


・ファインマン・ダイアグラムとは?

ja.wikipedia.org引用元
ファインマンダイアグラムは、場の量子論において摂動展開の各項を図に示したものである。 それぞれのダイアグラムは素粒子をはじめとする実際の粒子の反応過程を表現している。

少し砕くと・・
ファインマンダイヤグラムというのは、素粒子の反応の過程を表わしていてます。ざっくり言うと、直線で書いたのが、粒子に対応していて、矢印は粒子が走ってきてるという意味です。
わかりましたか?
今私の頭からそして耳から、変な液体が出てきました^^
今ならどこまででも走れそうです。


ファインマンの伝説



1:精神科医が嫌いなのでいたずらしたら兵役を免れた
医者「で、奥さんは?」
ファインマン「亡くなりました」
医者「奥さんとはお話になられます?」
ファインマン「はい。山奥とかで一人になった時には話したりします」
医者(死者と話すことがある、と)

2:たまたま喧嘩を目撃し、皿が飛んでるのをみて皿の運動を計算する
その理論を元にしてノーベル物理学賞を受賞

3:初来日の時、日本に来たんだし日本の旅館に泊まりたい!というので無理を言って宿泊場所を変更

4:新婚旅行での暇つぶしにマヤ文明の暗号を世界で初めて解読

5:学生時代ガリ勉野郎の部屋のドアを外して地下室に隠す
この話はここでは終わらない。
ドアがどうしても見つからないので、フラタニティの名誉にかけて犯人は名乗り出るということになった。
A「私はやってません」
B「俺じゃない」
ファインマン「はい、私がやりました」
「おい、ファインマン。みんなまじめに答えているのにふざけるんじゃない。次」

結局犯人は名乗り出なかった

ファインマンさんはイタズラ好きなのか^^
天才はバカと紙一重といわれていますが、伝説を見ても私には経験できない理解しがたいものですね^^
私は無知なので・・・

スポンサードリンク


天才の学習方法『ファインマン・テクニック』



一般的に知識は名前だけでなく、中身を知ってこそ本物の知識とされていますが、『ファインマン・テクニック』は応用に利くとされています。
応用は全てのことに通用してきますので、しっかり学びましょう。
それではいろいろな応用に利く学習方法『ファインマン・テクニック』いきますよ。

4段階のテクニック

1:「概念」を選ぶ
まず、自分が学習したい概念が何なのかを設定します。

その中身は「重力」でも「世界史」でも何でもOKで、とにかく「これを学びたい」というものを設定。

設定したら、白紙の冒頭に書き付けます。

 

2:その「概念」について「人に教える」
次に、白紙の冒頭に書いた「概念」について、「誰かに教えるときのように」自分が知っていることを紙に書き出していきます。

ただしこのとき、教える対象は生徒、あるいは子どもを想定します。

これはなぜかというと「専門用語や複雑な語句を用いれば説明できる」という状態では、自分が理解できているかできていないかがはっきりしないためです。

平易な言葉で説明しようと心がけることで、自分がどこまで概念を理解できているのかがわかります。

 

3:教科書(元の資料)に戻る
人に教えようと知っていることを書き出していくと「自分が知っている範囲」というのが見えてきて、知識の欠如に気付くことができます。

これこそが価値のある点で、欠如しているとわかったら、改めて教科書や資料に戻って「再学習」し、改めてわかったことをノートに書き込んでいきます。

 

4:再検討と単純化
これで、冒頭に「学習したい概念」、その後に「自分が知っていたこと、知ったこと」が書かれたノートが完成しました。

最後に、このノートを読み返して、自分が専門用語や複雑な用語を使っていないかを再確認、必要があれば音読します。

もしも、ここで説明が複雑だったり、不明瞭な説明が残っていれば、それは「自分がまだ理解しきっていない」「理解するためにやるべきことがある」ということなので、さらに学習・理解を深めることができます。
gigazine.net引用元


まとめ


ファインマンとは?
天才の学習方法『ファインマン・テクニック』
いかがでしたか?
ちなみにファインマンさんの父親はセールスマンだったそうで。
ファインマンさんと妹さんが『なぜなの?』という質問に、とても解りやすく答えてくれていたそうですよ。
家庭の環境も関係がありそうですね。
私も『ファインマン・テクニック』活用してそうしていこう^^
妹さんも物理学者になりました。

それではありがとうございました。

スポンサードリンク