ファインディングドリーの隠れキャラを調査!18の真実ネタバレ注意

おはこんにちこんばんは!!

『ファインディング・ドリー』の日本公開日が今月7月16日(土)と迫ってきました。

今回はお先に隠れキャラを紹介したいと思いますので、観たくない、知りたくない人はここでお止めになってください。

画像だけですが、ネタバレの可能性がありますので注意してください。

この記事を見てから本編を観ても楽しめると思いますが^^

それではいきましょう。

スポンサードリンク

ファインディングドリーの隠れキャラ、18の真実!


 

1:ディズニーランドリファレンス

www.disney.co.jp引用元

海水配給『TL59』とされてある『TL59』TLはトゥモローランドであります。

トゥモローランドとは、世界のディズニーパークにあるテーマランドの1つであります。

1959年にグランドオープンしましたよ。


2:ボートマーキング

www.disney.co.jp引用元

救出シーンでありますが、右の『86』という数字はピクサー・アニメーション・スタジオが創立した1986年の『86』であります。

左の『1200』の数字は1200パーク・アベニューということでピクサーの住所であります。


3:ダーラ

www.disney.co.jp引用元

ファインディング・ニモに出てきた、歯医者の患者の『ダーラ』ちゃんであります。

このキャラクターは人気があるので今回も登場^^


4:そっくりですよね・・・

www.disney.co.jp引用元

ファインディング・ドリーのドリーとダーラの顔が似ていませんか?

これも遊び心なのか?


5:ダイ・ハード

www.notey.com引用元

この人はブルース・ウィリスさんです。

もちろん、知っていますよね^^

このシーンは映画『ダイ・ハード』であります。

ファインディング・ドリーではダイ・ハードと同じようなシーンがありますよ。

流石です^^


6:A113

およびA113

ドミニク・ウェストとイドリス・エルバの声としてチームアップフルーク(左)とラダー(右)

そして、ぬいぐるみには『A113』の文字が・・・

この暗号とは?

多くのクリエーターが学んだ教室が『A113』です。


7:ウォーリーカレンダー

www.disney.co.jp引用元

2008年に公開された『ウオーリー』のカレンダーであります。


8:ハンク

www.disney.co.jp引用元

スポンサードリンク

7つの触手を持つハンクであります。

さて本編で気付きますか?^^


9:溶岩

マグネットに溶岩が・・・


10:クラッシュ

模型でありますが、亀のクラッシュが浮いています。


11:ハンク

陸ではハンクは大活躍ですね^^

タコは体の色を変えられるので、アロエみたいなのに変身しています。


12:水族館の男性

www.disney.co.jp引用元

緑のTシャツを着ている男性のプリントには『カーズ』のマークが・・・


13:ベッキー

www.disney.co.jp引用元

ビヨンセのニューアルバム(今年の5月)の曲の中に『ベッキー』と叫ぶ曲があります。

それはビヨンセの旦那が浮気したことがきっかけで浮気相手のことを『ベッキー』と叫んでいたのです。

日本ではベッキーは不倫騒動(今年の初め)を起こし、世界にも拡散されていたのですね。

やっとほとぼりが冷めてきたとこなのに、はた迷惑ですね^^


14:パイパー

www.disney.co.jp引用元

ピクサースタジオ製作の最新ショートアニメ「Piper(パイパー)(原題)」の予告動画のキャラクターが登場です。


15:現実とピクサー

www.disney.co.jp引用元

実際の水族館とファインディング・ドリーの水族館です。


16:シガニー・ウィーバー

www.disney.co.jp引用元

水族館の海洋生物研究所のナレーションの声を担当しています。


17:ピザプラネットトラック

www.disney.co.jp引用元

本編では右に画面が動きますので、見つけにくいかもしれません^^

本編とは関係ありませんが、こちらもどうぞ^^

www.disney.co.jp引用元


18:LUXOボール

www.disney.co.jp引用元

赤い星の着いたボールであります。

こちらも関係がありませんが、どうぞ^^

www.disney.co.jp引用元

ピザプラネットトラック・暗号・ボールの3連発

www.disney.co.jp引用元

モンスターズ・インクとニモの比較

www.disney.co.jp引用元

動画です。是非観てください^^

www.disney.co.jp引用元


まとめ


 

いかがでしたか?

本編を一回観ただけじゃ物足りませんよね^^

画像では見やすいのですが、動画となると見つけにくいです。

逆に動画で見つけたときの喜びはハンパないですよ^^

ここまで考えているのですね、ピクサーは。

ずーっと楽しませてくれますね^^

それではありがとうございました。

スポンサードリンク