ウェイワード・パインズ出口のない街シーズン2第2話ネタバレと感想

おはこんにちこんばんは!!
昨日、観ながら寝てしまったので今日観ましたよ^^
第2話『若き独裁者』となっております。
若き独裁者とはジェイソンであります。
この街の独裁者ジェイソンは今回何をやらかすのか?
それではいきましょう。

tv.foxjapan.com引用元

スポンサードリンク

第2話『若き独裁者』のあらすじ



前回からの続きでベン、ザンダー、テオを街の外に出してアビーの餌食にしようとした。
が、
アビーのターゲットは街の壁だった。
何十体ものアビーで壁を越えようとしてきた。
これは初めてのアビーの行動であった。
ジェイソンはすぐに軍隊を向かわせた。
高圧電流の壁を乗り越えてきたのだ。
撃退していたが、ジェイソンの恋人のケリーがアビーの爪の餌食に。
ケリーには医師が必要だった。
ケリーは感染症。
そのためジェイソンは止むを得ず、餌食にしようとしていたテオを助けることに。
テオは治すには条件をジェイソンに出した。
これも止むを得ずにテオと妻のレベッカに話すことに。
テオは信じられずにジェイソンに反発していた。

街では食料危機に陥っていた。
街の中では作物は作れないので街の外で作るしかない状態。
街の外にはアビーが・・・。
作物栽培の研究をしているCJ・ミッチャムが食料担当。
CJと共に獲り頃の作物を取りに街の外へ。
予想通りアビーが襲ってきた。
CJは何かを察した。

第1世代のベンの母親のテレサがベンを探したいた。
しかし、ベンは街の外にいた。
ベンはアビーの餌食に・・・

ジェイソンはアビーがいなくなったことに気づいた。
アビーは壁の方を見て去っていった。

スポンサードリンク


第2話『若き独裁者』の感想



今回のポイントはCJ、ベン、アビー、感染症であります。

CJ
この人物がまだどのように考えていて、どのような人物なのかわかりません。
彼の考えがこの街の行く末を左右するのではと考えています。
テオにつくのか、ジェイソンにつくのか、どうなるのでしょうかね~^^

CJが察したことは、アビーの弱点だ。

それは火なのです。

アビーたちは燃えているところに近づかなかった。

更に、逃げたのでこの方法は有効なのではないですかね。

感染症
ケリーの感染症は治らないのでは?
テオもケリーの手当ても自信がなかったようで、ケリーも体調が良くない状態でした。
ここからケリーの感染症が悪化し、更にジェイソンとテオの関係も悪化するのではと思います。

ベン
ベンはアビーに攻撃されました。
ベンは『パパ、ごめん』と言って襲われてしまいました。
ベンが餌食になったと思わせて、まだ生きているのでは?
私は生きていると思います。

アビー
アビーは壁を見て去ったのですが、これには訳があるのではと思います。
今回初めて、電気の流れている壁に数十対で乗り越えようと挑んだ。
これは試したのではないですかね。
新たな考えがアビーにはあるのではないですかね。
今のジェイソンは安心しきっているので、街が危険にさらされると思います。


まとめ


新たな人物が登場しましたよ。
CJであります。
彼は歴史学者であり、作物栽培の研究している人物であります。
この人の考えが今後のストーリーに影響してきますね。
ベンの生死はいかに!?
ケリーの感染症が悪化していくかも。
ケリーは街の司令塔的な人物であります。
アビーの今後の行動は街に危険をさらす。
いろいろと展開が早く面白くなってきましたね。
是非、dTVでシーズン1も配信されていますので、よかったら観てくださいね。

それではありがとうございました。

スポンサードリンク