資産1兆円の世界68位の大富豪が死去しました。相続は誰に?

おはこんにちこんばんは!!
資産1兆円の世界68位の大富豪が死去したということで誰なの?
世界68位で資産1兆円!?
世界一位はどんだけなの^^
ということでこの人は誰を詳しく調べましたのでよろしくお願いします。
それではいきましょう。

スポンサードリンク

資産1兆円の世界68位の大富豪が死去したのは誰?



英ウェストミンスター公爵であります。
がお亡くなりなりました。
64歳でした。

死因は?
8月9日に領地で急に体調が悪化したみたいです。
今はこの情報しかありません。

公爵とは?
爵位は5つあり、公爵・侯爵・伯爵・子爵・男爵です。
公爵は上位の位となります。
イギリスの爵位はイングランドに貴族制度を最初に築いた王は征服王ウィリアム1世であります。
彼はフランスのノルマンディー公でありました。
イングランドの王位継承を狙って征服し、王位に就いた。
臣下らもフランスから連れてきたがノルマン人だったので、大陸にあった貴族の爵位制度がイングランドにも持ち込まれることになったのだ。

ちなみに日本の爵位は・・・明治維新後から皇族、公家、武家、勲功者とされた。

イギリスのウエストミンスターはイギリスの世界遺産ウエストミンスター宮殿あるところですよ。
ここの第6代のイギリスのウェストミンスター公爵のジェラルド・キャベンディッシュ・グローブナー氏だったのであります。

スポンサードリンク


大富豪の理由



1677年にロンドンに数百エーカーの土地を所有していた領主の娘メアリ・ディヴィスと当時のグローブナー家の長男が結婚しました。
(エーカーとは・・・ヤード・ポンド法の面積の単位である。 イギリスでもアメリカでも、1 エーカーは 43 560 平方フィートと定義されている)
玉の輿^^
その土地を使って街づくりを開始した。
現在の高級住宅街のメイフェアが完成した。
子孫のジェラルド・キャベンディッシュ・グローブナー氏は世界17か国でビジネスを展開し、大学の名誉総長を務めていた。
大地主であったことがわかります。
世界68位で英国3位の富豪ということになる。
バッキンガム宮殿に近いロンドン有数の高級住宅地ベルグレイビア地区に190エーカーを所有するほか、英国各地に地所を持っています。


相続は誰になるの?



爵位の後継者はジェラルド・キャベンディッシュ・グローブナー氏の長男のヒュー・グローブナー氏(25)が7代目の公爵となりました。
相続はどうなるかというと、長男のヒュー・グローブナー氏が爵位と同時に資産の相続となるます。
彼は今後どのようなビジネスを展開していくのか、楽しみです。
若さは関係ありません。
経験であります^^


まとめ


・イギリスのウェストミンスター公爵が8月9日にお亡くなりになりました。
64歳でありました。
死因は現在のところ体調不良の悪化と報じられています。
・大富豪までの軌跡は祖先のグローブナー家の長男が大地主の娘と結婚。
高級住宅街になる街づくりを開始し、ジェラルド・キャベンディッシュ・グローブナー氏まで成功し大富豪に。
・資産(役1兆1000億円)は長男のヒュー・グローブナー氏が爵位と同時に資産の相続します。
いかがでしたか?

それではありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク