土田和歌子の障害は交通事故?夫とパラリンピックへの思いとは?

スポンサードリンク




おはこんにちこんばんは!!
リオオリンピックが終わり、次はリオパラリンピックであります。
開催は2016年9月7日から9月18日までとなっております。
私の偏見で気になる選手をピックアップしてみましたので、ぜひ参考にしてください。
超人の土田和歌子さんです。
それではいきましょう。

www.cyclowired.jp引用元


スポンサードリンク


土田和歌子の障害は交通事故?



土田和歌子さんの障害は何なのでしょうか?
脊髄損傷という怪我であります。

脊髄損傷とは?
背骨を骨折し、そのときに神経までもが損傷すると、両下肢の自由を奪われるといった障害です。

どうしてそうなったの?
彼女が17歳で高校2年生の時に友達と遊びに出かけた先で交通事故に遭ってしまいました。
その時に脊髄を損傷してしまいました。
医師から『もうあなたは歩くことが出来ませんよ』と言われました。
宣告を受けたときはすごくショックを受けたそうです。
しかし、その病院は脊髄損傷の怪我を負った患者さんの専門病棟がある病院でしたので、カラフルな車いすでリハビリをする若い患者さんたちの姿を見て、私も早く同じように車いすで自由に動けるようになりたいと思えたことが、自分自身の障害を受け入れるきっかけとなったそうです。
リハビリで始めた車椅子、楽しさも同時に芽生え、車椅子操作をもっとうまくなりたいということでアスリートの道を選んだそうですよ。
そして、偉業を成し遂げていくのです^^


スポンサードリンク



夫とパラリンピックへの思いとは?



夫、髙橋慶樹さんとは?
彼女が所属していた、セイコ・ハシモトインターナショナルコーポレーション(S.H.I)で担当マネージャーが髙橋慶樹さんとなりますね。
コーチということです。
彼女がアテネパラリンピック出場した翌年に髙橋慶樹さん結婚されました。
その翌年、第一子男の子を出産しました。
夫の支えがあったからこそここまでこれたのではないかと思います^^
さてさて、パラリンピックへの思いはどうなのでしょうか?
高校2年生から車椅子生活が始まり、アスリートを目指し、パラリンピックに出場
結果を出し、北京パラリンピックで悲劇に。
そして次のパラリンピックを目標とする。
完全復活!
パラリンピックへの出来事と思いが彼女の生きる糧の一部なのではないでしょうか?
家族のこともありますが、マラソンは自分の力なので何か目標をなくなってしまうと、心の中の何かが欠けてしまうのでは。
アスリートには数少ないママさんアスリートであります。
このことも同じ条件の人たちに力と勇気を与えることができていることを彼女は知っていて頑張っておられるのではないでしょうか。
彼女の言葉
「やるからには頂点を目指したい」
土田和歌子さん、リオパラリンピック頑張って金メダル取ってください^^
応援しています!


まとめ


土田和歌子さんは交通事故で車椅子生活になりました。
脊髄損傷という障害となり、アスリートに。
夫、髙橋慶樹さんと結婚して男の子を出産。
家族と同じ障害者のため、そして自分の為にパラリンピックに出場している超人であります。
今回のリオパラリンピックにも出場して結果を出してくれることでしょう。
いかがでしたか?

それではありがとうございました。


スポンサードリンク