最速女王高桑早生優勝カップじゃなくリオメダルを獲得する!病気は?

スポンサードリンク




おはこんにちこんばんは!!
リオオリンピックが終わり、次はリオパラリンピックであります。
開催は2016年9月7日から9月18日までとなっております。
私の偏見で気になる選手をピックアップしてみましたので、ぜひ参考にしてください。
最速女王の高桑早生さんです。
それではいきましょう。

sygmwt.com引用元


スポンサードリンク


高桑早生さんのプロフィール


名前:高桑早生(たかくわ さき)
生年月日:1992年5月26日(24歳)
生まれ:埼玉生まれ
身長:157cm
体重:51kg
出身高校:東京成徳大深谷高校
出身大学:慶応大学
2015年にエイベックスに入社。
社会人と陸上選手の両立している彼女であります。
ニックネームはさきちゃんとなっております。
100mで13秒59でアジア・日本記録を更新されました。
こんなすごい記録を出しているのに、『パラリンピックでメダルを取るにはまだまだ』と言っておられました。
リオに向けては『自分越え』を達成できるように目標にしているみたいですね。
いえいえ、メダルを目標にして本物の最速女王になってください^^
・2012年 ロンドンパラリンピック 100m 7位/200m 7位
・2013年 IPC陸上競技世界選手権 (フランス) 100m 6位/ 200m 6位/走幅跳 4位
・2014年 インチョン2014アジアパラ競技大会(韓国) 100m 3位
・2015年 IPC陸上競技世界選手権 (カタール) 走幅跳 3位
となっておられます。
期待大です!!
皆さんお待たせしました^^
高桑早生さんのカップですが・・・
Dカップという情報が浮上していますね。
信じるかどうかはあなた次第です^^


スポンサードリンク



病気と義足



高桑早生さんは義足をしていますが、病気は何なのでしょうか?
小学6年生の時に病気になり、中学1年生の時に左足を切断しました。
この病気というのが『骨肉腫』となります。

骨肉腫とは?
骨肉腫は代表的な骨の悪性腫瘍であります。
全国で年間約200人の新しい患者さんが発生しています。
盛んに運動をしている活動性の高い少年期に発病します。
高桑早生さんは小さなときからスポーツが好きだったようで、通常の義足からスポーツ用に替えたそうです。

原因は?
現在はっきりした原因はわかっておりませんね。
まれに家族内での発生があるみたいですが、がんを抑える遺伝子の異常が関与しているという報告があるみたいですね。
高桑早生さんは病気に負けず、自分のしたいスポーツを続けました。
高校では陸上部に所属し、打ち込み、国体選手になるまでなり頭角を現しました。
そして、上記の記録を出し続けています。
今回のリオパラリンピックでも大記録を出して、金メダルを取ってほしいですね^^
高桑早生さんは義足について呼び名があるみたいですね。
『相棒』『こいつ』『そいつ』『あいつ』などと呼んでいるみたいです。
彼女にとって義足は友であり、体の一部なのですね。
たまには、『義足はただのプラスチック』とも言っているみたいです^^
私は健常者で経験がないですが、義足との関係性を楽しんでいるように思います。
いわゆるカップルですね^^

彼女は義足ランナーです。
彼女にとって義足ランナーと呼ばれることが。最大の褒め言葉だそうです。
名誉ある称号だとも思っているみたいです。
義足の開発者たちの恩返しと熱い思いを背負って毎日走ってトレーニングしているのですね。
頑張ってくださいね^^


まとめ


高桑早生さんは6年生の時に病気になり(骨肉腫)中学1年生ときに左足切断し、義足になりました。
スポーツの好きな彼女は陸上部に入り、高校の時に才能が開花。
それから、記録を出し続けています。
義足との関係は相棒であり、体の一部であり、良いカップルのような関係性であります。
そして、今回リオパラリンピックに挑みます。
ぜひ金メダルを取ってもらいたいです^^
応援していますので、頑張ってくださいね^^
いかがでしたか?
あなたも応援しましょう!

それではありがとうございました。


スポンサードリンク