ジェシーオーエンス記録と賞に迫る!偉大な選手にブーイングの謎

おはこんにちこんばんは!!
中学時代に100メートルと走り高跳びの選手でしたが、100メートルを走り終えて走り高跳びに向かったら、自分の跳ぶ順と100メートルが重なり合ってそこにいなかったことにより、走高跳が失格になったバム男です。
優勝した人の高さは150cmでした。
私はこの高さは、はさみ跳びで飛べる高さであります。
それではいきましょう。


スポンサードリンク


ジェシーオーエンス記録



オーエンスは1935年5月25日に、わずか45分の間に5つの世界記録と1つの世界タイ記録を樹立し陸上競技の歴史にその名を轟かせた。
このうち、走幅跳で記録した8m13の記録は1960年にラルフ・ボストンに破られるまで25年間世界記録として輝き続けた。
ベルリンオリンピックにおいてオーエンスは、まず100mの予選でオリンピック新記録を樹立する。
決勝では、号砲とともに飛び出しリードし追いすがってくる同じアメリカのラルフ・メトカーフを約1m抑え1つめの金メダルを獲得した。
走幅跳は最初の2つの跳躍がファールになり苦戦するも、ドイツのルッツ・ロングにアドバイスを受け、予選を何とか突破する。
一転して決勝では、誰もオーエンスの上位3つの記録に寄せ付けないという圧倒的な力を見せつけ2つめの金メダルを獲得する。
翌日、オーエンスは200mで2位に4mほどの大差をつけ難なく、3日間で3つめの金メダルを獲得する。
さらに4日後には、オーエンスは4×100mリレーの第1走者として出場し、アメリカは世界新記録で金メダルを獲得、オーエンスは4冠を達成した。
伝説といってもいいような、大記録であります。


ジェシーオーエンス賞とは?


五輪4冠を達成した彼のすばらしさをたたえ「American International Athlete Trophy(ジェシー・オーエンス賞)(国際スポーツ賞)」という賞がつくられた。
これは国際アマチュア競技会(IAAA)が毎年最も優れたアマチュア競技スポーツ選手に贈る賞のである。

オリンピック後、オーエンスはアメリカのみならず世界における陸上界の英雄的な人物となったもののアメリカ本国では黒人差別の下に馬と競走させられたり(自伝でこれは屈辱であると批判)、賞金稼ぎの競技に参加したことからアマチュアの地位を取り消された上にその後破産するなど波乱の人生を送ることとなった。
しかし、その後慈善活動を行うなどしてその名声と地位を取り戻した。
これらの功績により1976年に大統領自由勲章を受章した。
彼の生きざまも含まれていると思います。


スポンサードリンク



ジェシーオーエンスにブーイングはなぜ?


これはジェシーオーエンスへのブーイングではないみたいですね。
今年のリオオリンピックでフランスのルノー・ラビレニ選手が銀メダルを獲得した。
競技中にメダル獲得に近づくにつれ、地元サポーターたちのやじや口笛が激しさを増していった。
ブラスは最終的に、6メートル03の五輪新記録を樹立。敗れたラビレニは、観客の観戦マナーに怒りを爆発させ、次のように語っていた。

「1936年、観客はジェシー・オーエンスに敵対的だった。それ以降、こんなことは起きなかった」
「観戦に来て口笛を吹くより、家のテレビの前に座っているべきだ。そうすれば、スタジアムにはスポーツを見たい人が来てくれるだろう」
「本当に気分を害した。観客の悪意を感じた。僕たちのスポーツでは、ああいう光景は絶対に起きない」
「ブラジル人がチアゴを応援するのは完全に理解できる。至って普通のことだ。でも、対戦相手への無礼は普通ではない。嫌いな人に対しては、せいぜい無視はできても、侮辱するべきではない。僕はあれを侮辱と受け止めたのだから」
「五輪であんな光景を見るのは最悪の気分だ」

その後ラビレニ本人、ブラジルサポーターとどちらも謝罪している。


映画『栄光のランナー/1936ベルリン』



この映画はジェシー・オーエンスの生きざまを描いた作品となりますね。
2016年の8月11日に全国ロードショーとなっております。

内容として当時のアメリカ国内ではナチスに反対してオリンピックのボイコットを訴える世論が強まっていた。
さらにナチスの人種差別政策は黒人であるジェシー・オーエンスにとっては認めがたいものであり、それを理由にオリンピックに出場しないでほしいというアメリカ黒人地位向上委員会から申し出があった。
ジェシー・オーエンスは出場し、大いに苦悩することになる。
興味がある人は是非ご覧ください。


まとめ


ジェシー・オーエンスの記録は五輪4冠というすごすぎる記録であります。
ジェシー・オーエンスの記録と生きざまによってジェシー・オーエンス賞というものも生まれた。
ジェシー・オーエンスは今年のリオオリンピックにも影響を与えた。
ある選手がジェシー・オーエンスを例えた言論によって、世間を沸かせた。
映画『栄光のランナー/1936ベルリン』はジェシー・オーエンスのストーリーとなっております。
いかがでしたか?

それではありがとうございました。


スポンサードリンク