ティラノサウルスの生殖器はどこ?交尾と性別の見分け方(雄雌)

おはこんにちこんばんは!!
謎、不思議が大好きでロマンを感じるバム男です。
その一つとしての恐竜です。
全くもって謎だらけですね^^
疑問疑問の連続です。
????の連続であります。
本当に実在していたのでしょうか?
それはさておき、実在してとしての話をしていきましょう。
それではいきますよ。

スポンサードリンク

交尾の仕方


生き物は皆、子孫繁栄の為に必死です。
ティラノサウルスも一緒です。
子孫を残すためには『交尾』が大事な行いとなってきます。
私の場合は・・・・うふふ

はるか昔の巨大生物はどのように交尾を行っていたのでしょうか?
私が説明をしてもいいのですが、せっかく科学者たちがおいでになっていますので紹介します。
一人は長年、恐竜を研究してきたBeverly Halstead博士です。
『こんにちは』
『こんにちはーー!!』
元気がいいですね。
『博士、説明お願いします』
『はいよーー!!』
「すべての恐竜が交尾する際、同じ基本体勢を用いていました。
オスはメスの背中に乗り、前足をメスの肩のところに置きます。
そして片方の後足をメスの背中に載せ、自分のしっぽをメスのしっぽの下へもっていきます」
ふ~ん、なるほど~。
犬の交尾と同じ状態みたいですね。

www.dailymail.co.uk引用元
二人目の進化生物学のGregory M. Erickson博士も上記の交尾態勢に同意しています。
『こんにちは』
『はい、どーもー!』
(テンション高いな・・・)
『腰の振りも現代の生物と同じような感じですか?』
『(体の大きな)恐竜たちの交尾は、かなり迫力のあるものだったに違いありません!ハッハッハー』
たしかに、あの巨大な体で交尾を行うのはかなりの大変さが想像できますね。
また科学者の中には、あの体の大きさで地上での交尾が大変なので、水の中で交尾を行っていたのかもしれないという科学者もいる。
『博士、ありがとうございました』
『チッ』
えっ!!
もっとしゃべりたかったのか・・・


ティラノサウルスの生殖器はどこ?


上記の博士の交尾の仕方説明で『自分のしっぽをメスのしっぽの下へもっていきます』とありました。
生殖器の場所はしっぽの下にあります。
オスメスどちらもしっぽの下にあります。

ティラノサウルスのペニスの長さは、推定3.7メートルであります。
勃起時にはいわゆるMAXですね、MAXはどうなのでしょうか?
3.7メートルがMaxなの?
しかし、生殖器の場所、長さは化石からの情報ですので、確定ではありません。

研究者たちは頭部の化石から脳の大きさや形状を推定して、脳のどの部分が発達していたかを調べます。
それと現存する生物と比較(勿論比較対象として適当な生物)するなどして、どの感覚器が発達していたかを推定していたと思います。
その他に化石の形状から、筋肉のつき方を推定し、それが発達していたかとかもあったかと。
例えば眼球運動に関係する筋肉が発達していたと推定できるなら、視覚が優れていたのではないか?と推定できるわけです。
また、胃の内容物の化石が発見されていれば、捕食していた物がわかります。
そこから、それを捕食する為にはどの感覚器が発達しているべきか?捕食している物が似通っている現存する生物と比較したりすることで推定できるわけです。
例えば、屍肉食であったなら、普通に考えて、嗅覚が発達していたと考えられますよね。
このように多方面からの研究で調べられています。

スポンサードリンク


性別の見分け方(雄雌)


上記でも話したように、化石からすべての情報を得るわけですから簡単なことではありません。
性別を調べる方法として、生殖器などの化石から判断するのですが、その部分が化石として残りにくい状態です。
判断はいまだに難しいところです。

他の恐竜のプロトケラトプスは鼻の上の突起やフリルの反りが異なる二つの頭骨が見つかっております。
どちらかがオスでどちらかがメスであるのは確かなのですが、どちらがオスメスなのかは判断できない状態であります。

2005年に見つかったティラノサウルスはメスと断定されました。

なぜわかったの?
メスが産卵の際に大腿骨の中に『骨髄骨』と呼ばれる構造をつくります。

『骨髄骨』とは?
卵の殻の成分となるカルシウムを一時蓄えた形跡のことです。

体内で卵の殻を成形しますので、『骨髄骨』の形跡があった化石はメスといことになります。

2005年に見つかったティラノサウルスは『骨髄骨』がありメスと断定されました。
しかし、産卵したメスが『骨髄骨』をつくるので、産卵していないメスもいるはずなので、『骨髄骨』がない恐竜が必ずしてもオスだということにはならないのです。
わかっていただけましたか?
今現在の科学の力でもまだまだなのです。


まとめ


いや~記事を書いててとても楽しかったです^^
ティラノサウルスの交尾の仕方は犬みたいな感じで行います。うふふ
ティラノサウルスの生殖器の位置はしっぽの下にあります。
推定の長さは3.7メートルとなります。
ティラノサウルスの性別の見分け方は、今のところ卵の殻を成形したときに『骨髄骨』と呼ばれる化石の形跡から判断するしかないです。
これからの科学の進歩を待ちましょう。
いかがでしたか?

それではありがとうございました。

ティラノサウルスを博物館で見よう!日本全国の場所一覧はここ!

スポンサードリンク