モスクが群馬に!?ロヒンギャビジネスとは?スーチ氏の決断は?

おはこんにちこんばんは!!
私は相変わらず世間知らずなので、周りの人たちには悪くておバカ、良くて少し変わっていると言われるバム男でございます。
そんな私が知らない言葉が目の前に現れたので、社会勉強ときました。
教養、教養と・・・
それではいきましょう。


スポンサードリンク


モスクが群馬に!?


モスクが群馬に?
何モスクって?
全くもって何のことなのか、わかりません^^

・モスクとは?


イスラム教の礼拝堂のことである。
礼拝堂ね。
わかりました。
拝むところね。
何となくわかりますよ^^
なぜ群馬に?
全国に至る所にあると思いますが。
何か、ロヒンギャに関係がありそうですね。


ロヒンギャビジネスとは?



ロヒンギャビジネスの前にロヒンギャって何よ?
モスクと関係があるんでしょ?

・ロヒンギャとは?

ミャンマーのラカイン州(旧アラカン州)に住む人々である。
ロヒンギャ族っていうことね。

モスクと群馬とロヒンギャの関係は?
現在、日本にロヒンギャ族の人口は230人がいます。
そのうち200人が群馬県に滞在しておられます。
群馬県の舘林市には人口8万人足らずのところにモスクが二つもあります。
ここには多くのイスラム教徒が住んでいます。
なぜ、ロヒンギャが多いかというと、最初に日本に来た人が館林に住み着いて、みんなその人を頼ってきたからということです。
なぜ、日本にきたのでしょうか?ミャンマーでいいのでは?

・ロヒンギャ迫害


スポンサードリンク



イスラム系少数民族ロヒンギャは、仏教徒が大多数の同国で「不法移民」として扱われ、国籍も与えられないなど迫害を受けている。
そして国際的な問題となっている。

群馬県の舘林市に住んでいるロヒンギャの一人の話。
1988年、イギリスから帰国したアウンサンスーチー氏が民主化運動を率いた際には、首都(当時)ヤンゴンの大学生としてデモに参加した。
「ロヒンギャにとってラカイン州の外は外国のようなものでした。でも、大学に行くことでヤンゴンに行けました」。
しかしこの民主化運動を軍政が弾圧。
仲間は捕らえられ、拷問を受けて何人かは命を落とした。
野原や山を越えて隣国タイに逃れた。
その後、ドイツに行ったこともあったが、「食べ物など文化が、欧米に比べて近い」と思って日本行きを決心した。
仲間を頼って名古屋や横浜に住んだ後、館林にたどり着いた。
不法滞在の身分でもあり難民申請をしていたが、2003年10月に茨城県牛久市の入管施設に収容されることになり、ここで15カ月間を過ごした。
妻と結婚したのは収容される前で、結婚早々、離れて暮らした。2007年に難民に認定された。
彼は舘林市で自動車関連工場で塗装の仕事をして生計を立てている。

なぜ、迫害されているの?

ミャンマーでは仏教徒が9割を占めている。
その中でイスラム教徒は1割にも満たない。
ロヒンギャ族が暮らす西部ラカイン州は比較的イスラム教徒が多いといわれていれる。
ミャンマー政府がロヒンギャを自国の民族と認めていないのが現状だ。

なんでだよ?

その国々によくある過去の出来事が影響している。
19世紀前半、英国植民地時代にさかのぼる。
ラカイン州にはラカイン族も存在し、ラカイン族から土地を取り上げてロヒンギャ族に与えたのが遠因とされています。
インドから侵入した英国の植民地政策によって、仏教徒地主が継承してきた農地がイスラム教徒の労働移民にあてがわれた。
このことによって仏教徒対イスラム教徒の対立構造が顕著になったといわれていています。
さらに第2次世界大戦には、日本と英国の戦いではそれぞれ、地元の宗教別に人を集めて軍をつくった。
ロヒンギャ族は英国の味方となり戦った。
ラカイン族は日本の味方となり戦った。
その時代からの恨みが今日まで続いているといわれています。

それから1962年、クーデターで誕生したネ・ウィン政権が同州安定へ多数派の仏教徒ラカイン族を懐柔するためにロヒンギャ族を差別し始め、現在もロヒンギャ族を国民と認めていない。

2012年には、ラカイン族とロヒンギャ族はたびたび衝突している。
そして、14万人もが難民生活を送っている状態だ。
そこに目を付けたのが、人身売買組織による難民ビジネスだ。
無国籍の避難民を密航業者が船で海を渡る。
主にタイやマレーシアだ。
このビジネスでは1人当たり日本円で約3万6000円なーり。
密航業者は密航船の通過や上陸するために軍や警察への賄賂は当たり前。
さらに船賃や労働ビザの取得費用、その他の書類の費用などを含めることを考えると大金が動く巨大ビジネスということがわかる。
インドネシアやマレーシアでは入国を拒否している状態なので、避難民たちは海の上を漂流している状態だ。

2015年にはタイ陸軍中将が人身売買容疑で逮捕された。
軍関係者が捕まったのはこれが初めてだった。
ロヒンギャの密入国ルートになっている、タイ国境近くで28か所の人身売買組織施設が見つかり、墓が139か所、虐待の証拠も見つかった。

全ての人がロヒンギャとはされていないものの、事実のことである。
この問題をどうすべきか・・・


スーチ氏の決断は?



スーチ氏はミャンマーにおける非暴力民主化運動の指導者、政治家。
現在、国民民主連盟中央執行委員会議長であります。
なんとかしてよ~
過去にスーチ氏は「イスラム教徒が標的にされていますが、仏教徒も暴力にさらされてきました」と言いました。
やはり上に立つものは『双方』の見方をし、自分を守る言い方になってしまのですね。
スーチ氏的にもロヒンギャが大量に入ってくることを恐れて、差別、沈黙を守っているのが現状であります。
現在、まだまだ解決していない問題であります。


まとめ


モスクとは礼拝堂のことであります。
ロヒンギャとはミャンマーの民族であります。
過去の出来事により迫害されてきたロヒンギャ族。
今なお避難民としてさまよっていて国際的に問題になっております。
スーチ氏際もこの問題に沈黙し、頭を抱えております。
いかがでしたか?

それではありがとうございました。


スポンサードリンク