山本美月のピーチガールの原作の結末は?あらすじとキャストは?

おはこんにちこんばんは!!

私の周りの人たちには、映画と言ったら洋画と言っているにも関わらずに、邦画をみてほっこりしているバム男でございます。

まあ~たまにはいいではないですか~^^

さてさて、前の記事にアオキさんという美容師さんが出ていました。

その青木さんのTwitterを拝見させてもらったところ、山本美月さんが映画『ピーチガール』にご出演されることをツイートしておりましたので、今回取り上げてみました。

アオキさんは、頭だけではなく、頭の上がらないこともしてくださるのですね。

今日の私の頭は冴えてるな~^^

それではいきましょう!

スポンサードリンク


山本美月のピーチガールの原作の結末は?あらすじとキャストは?


最初に、あらすじから見ていきましょう!

あらすじ

恋愛!

主人公のモモは昔、水泳部だったので色黒の女子高生。

モモは女性の好みが色白がタイプのトージと事が好き。

片思い。

が、しかし、モモとトージは両思いだったのだ!

付き合うことに・・・

このままでは、ハイちゃんちゃん、で終わってしまうので、邪魔者が登場。

それは、色白女子高生、さえが登場。

彼女は人の彼を横取りするのが趣味(悪趣味^^)

二人に接近!

まだまだ、悪くしていきますよ。

このタイミングにパーフェクトヒューマンカイリが登場。

完璧なルックスを持つ彼が、モモのことが気になり始める。

モモの恋の行方は・・・

というあらすじになりますね。

(大分、自分よりにしてしまいましたが・・・)

スポンサードリンク

キャストー!!

あらすじの4人と他の方々たち。

モモ:山本美月

トージ:真剣佑

さえ:永野芽郁

カイリ:伊野尾慧

他:菊池桃子、本仮屋ユイカ、水上剣星、弁毅、菊田大輔などなど・・・

このキャストの選抜が、ネットでは合わない!!

と、話題になっているみたいですね。

漫画のイメージと実写のイメージを同じにすることは不可能ですからね。

そう言われるのも納得ではありますが・・・

ピーチガールの原作の結末は?

原作の結末は、上記のあらすじのようにドロドロ、サラサラの血流のようにいろいろな恋愛の描写を現していますが、原作の最後は・・・

モモとカイリがくっついて終わった。

この結末に対して、ファンからはトージファンが多かったことから、不満の声があったみたいですね。

映画ではどうなるのでしょうか?

漫画は18巻で完。

映画は大体2時間で完。

18巻分のお話を2時間に収めることはできないと思いますが・・・

これは映画監督の腕前ということになりますね。

漫画の話を貫くのか・・・

全く違う話にしてしまうのか・・・

映画を製作するにあたって、『現代風にリメイクする』と言っていました。

全ての上記のことから、モモとカイリで終わるのではないですかね。

キャストも山本美月さんと伊野尾慧さんなので。

公開日は・・・

2017年5月20日、全国公開となっております。


まとめ


いかがでしたか?

映画の結末でも、反響があったりして・・・^^

山本美月のショートバングは可愛くなかった!?美容院はどこ?

それでは最後までありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク