大坂正明のDNA結果と兄弟姉妹は?同一人物だったら判決は?

おはこんにちこんばんは!!

懐かしい顔と思ったら、指名手配犯のポスターの顔だったバム男でございます。

さてさて、46年前の事件の犯人ではないかと報道されておりますね。

46年前は私は生れておりません。

なのに、大坂正明容疑者のお顔は、しっかりと覚えております。

全国に指名手配犯としてのポスターが、子供ながらに記憶しているのですね。

少し怖かったですからね。

生涯忘れることはないと思います。

インパクトのあるポスターでしたからね。

制作側も、そのようになるように考えつくされて造られたのでしょう。

 

そういえば、最近はこのようなポスターを見かけませんね。

小さい頃は至る所に貼ってあったような記憶がございます。

 

だけど、どのような罪を犯した人かはわかりませんでした。

 

それではいきましょう!

スポンサードリンク


大坂正明(容疑者)のDNA結果は?兄弟姉妹は?


もう皆さんは、事件の内容は知っていると思いますので、あえてそこは外させていただきます。

 

いろいろと疑問があるとは思いますが・・・

時効はなくならないの?

広島県で逮捕されたが、逮捕したのはなぜ大阪府警?

と、私は気になりました。

 

大坂正明は現在67歳で、事件当時は23歳となります。

事件から46年が経過しております。

時効は成立となるんじゃないの?

 

時効成立しない理由は・・・

当時の渋谷暴動事件では、共謀とされた6人が逮捕されましたが、そのうちの一人の公判が病気を理由に1981年に停止。

更に、2010年に刑事訴訟法改正によって、殺人罪の時効が撤廃されました。

よって、時効は成立されないということです。

 

なるほどね。

裁判中に何らかが原因で、公判が停止することで他にも裁判が停止している事件などがあるんじゃないかな。

まさか、検察側が遅らせるということはないですよね^^

考えすぎですね。

 

広島県で大阪府警が逮捕したのはなぜ?

まず初めに、中核派とは?

新左翼の二大党派の一つ。革命的共産主義者同盟(革共同)全国委員会と,その下部組織のマルクス主義学生同盟(マル学同)・中核派の通称。

は?

もっとわかりやすく!!

中核派は普通の左翼と同じことを暴力的にやろうとしている派閥です。
革マル派は先進国の侵略主義だけにではなく、後進国における人権の欠如に対しても反対している左翼です。
しかし、実際にやってる事は同じです。

過激派ということですね。↓

ずいぶん簡単にまとめましたな~・・・

 

中核派を前々から捜査していた大阪府警が、広島県にある中核派と関係しているであろうということで、

家宅捜査したところ、公務執行妨害などの疑いで2人を逮捕したということになりますね。

この時に、

「あれ?」

「どこかで見た面だなあ・・・」

「あ!!」

「更に、逮捕~!!」

となったのですね。

 

ところでDNA鑑定の結果は?

そもそも、大坂正明本人のDNAはどこから持ってくるのですか?

合致させなければいけないのに・・・

また、46年前にDNA鑑定というのはあったの?

ハイハイ、おバカが出てしましましたね。

 

DNAという物質は1871年に、スイスの学者によって発見され、試行錯誤した挙句にDNA鑑定という方法が生まれました。

日本でこの方法がいつから活用するようになったかは、私の脳には刻まれておりませんが、46年前は活用されていたと思います。

 

おバカな回答の一つの、本人のDNAでなくても親子などの血縁の鑑定を調べられるため、親、兄弟がわかっていれば本人ということと断定できるということになりますね。

 

そうなると、親御さんと今回の逮捕された容疑者が、血縁と鑑定されれば、大坂正明本人ということになるのですね。

大坂正明の両親は他界しております・・・

どうするの?

兄弟姉妹でもいいということなので、それで特定できるということですね。

 

ていうか、兄弟姉妹がいたのですね。

いてもおかしくはないが、今まで連絡取ってはいなかったのですかね?

 

ここでDNAが当時の事件から逃亡生活をしていた犯人、大坂正明だった場合、判決はどのように下るのでしょうか?

 

追記:本日、6月7日にDNA鑑定の結果が、大坂容疑者本人と一致したため、

警視庁は再逮捕したと発表されました。

大坂容疑者は黙秘を続けているということです。

また、顔の骨格も同じで、顔にあった傷はなくなっていて、

これは年齢によるものだと断定いたしました。

 

本当に同一人物だったのか~。

すごいですね。

こうなると裁判が気になってきますね。

スポンサードリンク


同一人物だったら判決は?


渋谷暴動事件で、新潟から派遣されていた被害者の警部補さんは、21歳の若さでこの世を去ったわけであります。

この事実は覆すことはできません。

被害者の親族たちは、この事件を今に至っても忘れることのできない悲惨な出来事と記憶しているはずです。

大坂正明が、もうこの世にいない、などとは思っていないと思います。

毎日のように、犯人を見つけてくれるように思っていたはずに違いありません。

世間では、この事件は忘れられているように思えますが(私も含め)、親族たちは・・・

しかし、逮捕により、日本中の方が耳を傾け、事件解決を望んでいるように思えます。

親族の方たちは、解決とは思えないでしょうが・・・

 

判決は裁判で決まるものですが、誰もが望むであろう、あの判決となるのでしょうか?

また、あの判決を常に反対する人々がいるということ。

この46年間という歳月が判決に、どのような影響を与えてくるのでしょうか?

裁判員制度というのも判決にどのように影響してくるのでしょうか?

全ては、裁判官によるものですが・・・


まとめ


いかがでしたか?

事件はまだ解決していないので、進展がありましたら追記していこうと思います。

 

それでは最後までありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク