スプーナーボードとは?遊び方と値段は?ZIPで面白そうと話題!

おはこんにちこんばんは!!

スケボーとサーフィンとスノボーを経験して思ったことは、スノボーは別物と思ったバム男でございます。

難しさがMaxのスケボーとサーフィンということであります。

 

さてさて、今朝のZIPでスプーナーボードが紹介されておりました。

スプーナーボードって何?

あの板でどのようにして遊ぶの?

いろいろな五感が働きました^^

 

SNSでZIPを見た皆さんが、おもしろそうとか絶対買うとか話題になっておりました。

見たことのない商品だったので、気になることがたくさんありましたね。

 

それではいきましょう!

www.amazon.co.jp引用元

スポンサードリンク


スプーナーボードとは?


www.amazon.co.jp引用元

スプーナーボードとは、アメリカ生まれの運動器具となっております。

バランス感覚と脚の筋肉トレーニングを同時に育てることができます。

子供から大人と年齢を問わず遊べることができます。

屋内、屋内ともにどこでも遊べるようになっております。

(場所によりますが、室内だと床を傷つけるかもしれません)

 

スケボーとサーフィンを上達させる一つのトレーニングとなりますね。

バランス感覚を育てる意味としては関係ないですが、

気軽にトレーニングできるということですね。

 

以前、サーフィンをしていた頃、ある壁にぶち当たりました。

どうしてもその壁を越えられないと、サーフショップの店長に相談したところ、

ロングボードを勧められました。

スケボーの長いバージョンのものですね。

そのロングボードで公園などでよく遊ぶようになりました。

技などは決められないですが・・・

慣れてきたころ、サーフィンをいつものようにプレイしたときに、

いつもより、サーフボードが動くのです!

サーフボードは以前と変わりません。

良く動くようになったプラス、自由自在に動かすことができたのです!

動かしたいように動いてくれるので、壁は難なく乗り越えられました^^

レベルアップということです。

 

スノーボードがう上手な人が、サーフィンを初めてもスノーボードの技術は通用しません。

しかし、スケボーが上手な人がサーフィンを初プレイしたとき、

上達が早く、始めたと同時にサーフィン初心者というレベルは越してしまいます。

私が体験したことと経験した現実であります。

 

アメリカの発想は本当に尊敬します^^

どうやって遊ぶの?という物もすぐにメイクを決めちゃうじゃないですか^^

地味な道具もカッコよくしてしまうみたいな。

今回もその流れでできた遊具なのではと思います。

スポンサードリンク


遊び方と値段は?


・遊び方

ボードは緩く曲がっているので、ボードの一部分しか地面に着かないようになっております。

その上に立つと、安定しないのでバランスをとります。

慣れてきたら、

腰を使ってツイスト運動をしてみましょう!

腰を左に回すと、ボードが右斜め前に出ます。

腰を右に回すと、ボードが左斜め前にでます。

繰り返すことによって、ボードに乗ったまま、前に進むことができます。

これをツイスト運動ということですね。

 

スケボーのようにエアーも決めることもできます。

スケボーよりも安全に練習することができますね。

上達も早くなるでしょう。

バランスを忘れないで、着地して見ましょう。

 

平な場所だけではなく、坂でも遊ぶことができます。

芝生などのところ、または雪があるところ。

これもまたバランス重視なので鍛えてみましょう。

 

また、加工を加えてボードの両端に穴をあけ、紐を通しボードに乗りながら紐を掴めるくらいに、

して、手で紐をつかめるので安定した状態で滑ることやエアーを決めることができるようになりますよ。

ロープ付きスプーナーボードもあるので、検討してみては・・・

 

・効果は?

身体の体幹を鍛えることができるので、シェープアップ効果が期待できます。

 

上記でも話した通り、スケボーやサーフィンのボードスポーツのスキルアップに。

 

小さなお子様でも安全に遊べるので、体づくりとかにもいいと思います。

冬なんかはそりの代わりにスプーナーボードで!

 

お年寄りの筋肉弱化の防止にも役立ちますね。

 

・スプーナーボードの値段は?

ZIPで紹介されていた値段は、5000円とお手頃な価格となっておりました。

物によっての値段は、ピンキリとなっておりますね。

プロ仕様となると、10万とかしますよ。

汗が出てきました^^

自分にあったものを選ぶといいですよ。

最初は安いものからで、種類がほしくなったら高いものに・・・

みたいな感じが妥当ではないかと思います。

 

私も、今から始めてみようかなあ~


まとめ


 

いかがでしたか?

今から日本でも流行ってくるかもしれないので、

お店においてあったら試してみるのもいいと思います。

 

それでは最後までありがとうございました。

&nbs

p;

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク