日野皓正の体罰動画は?理由は映画セッションの影響か!?経歴は?

こんばんは、バムです。

 

日課のネットニュースを見ていたところ、

 

世界的に有名なジャズのトランペットの演奏家

日野皓正

さんが、暴力したとして話題になっております。

 

誰に?

 

中学生に。

 

しかも暴力動画が出回っておりますね。

 

見る前に世界的な日野皓正さんの経歴を

見てみましょうよ。

 

日野皓正さんの経歴

1942年生まれの74歳であります。

父はタップダンサーでトランペット奏者の日野敏。

弟はジャズドラマーの日野元彦。

次男の日野賢二はベーシスト。

 

三世代にわたっての音楽家家族であります。

 

ジャズの世界の有名ところと共演をし、

2004年に紫綬褒章を受章しております。

 

現在は教える側に立って

活躍しているみたいですが、

 

暴力が起きたときは本番中と聞きましたよ。

 

世田谷パブリックシアターにて

世田谷区立中学が

『Dream Jazz Band 13th Annual Concert』

と題して

日野皓正さんの教えの成果を出す発表会でありました。

 

本番ですよ。

 

観客もスタンバイ状態。

 

もちろん、中学生でありますから

親御さんも見に来ていますよね。

 

中学となると子供にとって

恥ずかしい時期ではありますが、

世界の日野照正が指導しておりますから

別の意味で行きたいですよね^^

 

これが問題の動画

思いっきりビンタしてますよね。

 

でも、

一度スティックを取り上げたのに

中学生は素手でやり続けましたように見えますね。

 

これが更に日野照正さんの逆鱗に触れたのか・・・

 

もう一度言っておきますが、

本番中ですからね。

 

暴力なのか・・・

それとも体罰なのか・・・

 

74歳となりますと

世代が全く違いますから

日野照正さんの時代は

当たり前のような気がしますけど

どうなのでしょうか?

 

自分も幼い頃は

げんこつ、ビンタなどは

当たり前でしたから。

 

指導者という立場では問題はなかったと思います。

 

でも今の時代はそうはいきませんよね。

 

後に子供に話しかけて

子供も了解したということなので

その場は問題にはならなかったと思います。

 

 

ネットでは

体罰的な行動の理由は

日野照正さんが

映画「セッション」を観たのではないかと

言われております。

 

そのまんまですね^^

 

まとめ

日野照正さんの体罰は世間に広まった訳ですが、

今後の世間の反応と

本人はどのような行動を起こすのか・・・

 

親がどのように思っているのか知りたいですね。