木南晴夏のさんま御殿での衣装のブランドと値段は?カレーパン屋は?

こんばんは、バムです。

 

本日放送の「踊るさんま御殿」に

木南晴夏さんが出演されていました。

 

私が初めて彼女を見たのは、勇者ヨシヒコでのことでした。

芸能人としては顔のルックスは高くないと思いますが、

(私個人的な意見なので^^)

初見では何とも思いませんでした。


スポンサードリンク


 

が、

 

彼女を初めて見たドラマが勇者ヨシヒコであります。

見た人はわかると思いますが、彼女の演技はもちろんのこと

彼女の良さが出ているドラマだとは思いませんか?

女性がむかついた時の眉間のシワ的な表情が私は好きですね。

はあっーー!?みたいな感じをよくドラマで出していたのが印象に残っていますね。

怒りながら呆れながらツッコミをする。

このことで私は一瞬にしてファンとなりましたね^^

 

木南晴夏さんは普通のお顔と思っていましたが、

見慣れてくると大変可愛いじゃないですか!

本日のさんま御殿でも多く見られ、またファン度が高くなりました。

 

さてさて、

さんま御殿で木南晴夏さんが着ていた服が可愛いかったですね。


木南晴夏がさんま御殿で着ていた衣装のブランドと値段は何?


このような衣装を着ていいたのですが、

テレビを観ていた人たちも可愛いと話題になっていますね。

可愛いなら同じ服を手に入れるしかなさそうです。

 

#さんま御殿 👗👠 @sacaiofficial

木南晴夏 official Instagramさん(@kinamitopan)がシェアした投稿 –

インスタで発見!

sacaiというファンションブランドみたいですね。

デザイナー阿部千登勢により、東京で1999年スタート。

sacaiのコレクションは、「着たいものを、着たい時に、着たいように着る」という阿部の考えを体現している。ニットと微細な織素材などといった対照的なテクスチャのファブリックの組み合わせ、パターンを再解釈するテクニックを通して、ハイブリッドの発想を組み込みながら洋服を予想外のフォルムとシルエットに変形させる。コレクションがフェミニンな様相を呈す一方、阿部の関心は、独特で普遍的、革新的で実験的な洋服作りに傾倒し続けている。自身をとりまく日々の生活や周囲の人々を観察することによりインスピレーションを受け作られるコレクションは、ベーシックでクラシカルなアイテムを崩し変形しながら、独特のエレガンスを放つ。特定の機会に留まらず、日々のさまざまな場面において成立する「日常の上に成り立つデザイン」をコンセプトに置く。

www.sacai.jp参照

sacaiのサイトに行ったら、私の好きなブランドの

UNDERCOVERとコラボしていましたね。

好きだからと言って値段が高いので手が出せませんけどね^^

ユニクロとコラボしたときはいろいろなお店を回って

手に入れていました^^

 

木南晴夏さんの衣装はドッキングワンピースというやつですね。

ワンピースの良さは私にはわかりませんが、

木南晴夏さんは似合っていますよね。

プラス可愛いが付いてきます。

 

気なる値段の方は・・・

135433・・・

円。

135433円となっておりました。

高すぎるやろ!^^

undercoverとコラボしている意味がわかったよ・・・

 


スポンサードリンク



木南晴夏がさんま御殿で言っていたカレーパン屋はどこ?


どうやら木南晴夏さんの言っていたカレーパン屋は、

つおっぷ、ツオップ、Zopfということですね。

千葉県ということもわかりました。

 

調査開始。

 

ちなみにいつも1時間くらいの待ち時間があるみたいなので

更に木南晴夏さんが番組でお店の事を言ったので

また更に待ち時間が課せられるかもしれませんね^^

余裕をもって計画的に買い物しましょうね。

 

木南晴夏さんのインスタはほとんどパンとしか映っていないですね^^


スポンサードリンク