ルカクの弟(ジョルダン)は兄より凄い!画像と動画と所属クラブは?

こんにちは、バムです。

 

つい先ほど親善試合として、

日本対ベルギーの試合が行われ0-1で日本は負けてしまいました。

 

対戦相手のベルギーはメンバーから優勝候補のチームと言われております。

もちろんワールドカップにも出場いたしますね。

 

ベルギーというチームは毎回凄いFWが必ずいるような感じがいたしますね。

私がベルギーという代表チームを知ったのは、

シーフォという選手がいた時代から知ることになりました。


スポンサードリンク


 

当時は司令塔がいての戦術が主流でしたので

面白いといえば面白かったですね。

マラドーナやロベルト・バッジオ、ハジ、バルデラマなどなど。

一つのプレーで試合を決めるところがありますね。

 

今のサッカーは組み立てるのはボランチとなっているように思えますね。

全員での攻めで得点するように変化が見られます。

これは自論なのでパサーは必要なくなってきてると言えますね。

 

今回の代表の試合では、

ベルギーのルカク選手の一発で試合が決まりました。

彼は現在、マンチェスターユナイテッドに所属しております。

5年くらい二桁得点の記録があります。

更に今年は成長が伸び、絶頂期といっても過言ではない成長ぶりです。

 

そのルカクには弟がいてサッカー選手であり、

兄のルカクよりも凄い選手であると言われております。

 

兄弟では弟の方が身体能力がすごいとよく聞きますね。

理由はわからないが、亀田兄弟がいい例ですね。

兄の二人が言っているくらいですから、一番下の弟は

実際に兄よりも身体能力が優れています。


スポンサードリンク


ルカクの弟は今回の試合に出場していました。

弟の名前はジョルダン・ルカク。

兄はFWですが、弟はDFとなっております。

 

ポジションが違うので凄さの比較は難しいですが、

彼らは24歳と23歳なので年齢で凄さがわかりますね。

ひと昔の代表選手は28歳前後が多く見られましたが、

時代が変わり、育成重視になり若くてずば抜ける人が多く見られるように

なってきたように感じます。

 

ジョルダンは現在ラツィオに所属しておりますので、

サッカー選手としては申し分ないというところですかね。

 

ただ、イタリアのサッカーはガツガツしている部分があり、

(ボールを持った人に人が集まる)

荒いプレーになりがちです。

DFは身体能力だけではなく、頭を使うところが重要だと思うので

イタリアサッカーに染まらなければいいのですが・・・

 

 


スポンサードリンク