襲われやすい女性の理由は?服装と特徴が関係していた!?防犯対策

おはこんにちこんばんは!!
最近暑くて普通のことをしていても、気持ちが正常にならない時が多々あります。
暑さを理由にしているわけではないですけど、異常な精神状態は自分でおさなえないと大変なことになってしまいます。
私は今のところ大丈夫です^^

さてさて、オリンピックが始まりましたね。
しかし、アスリートでも異常なことをしでかすことがあります。
・・・

今回は選手村でモロッコの選手が働いている女性二人に強姦という事件が起こりました。
本番の競技を目の当たりにして、異常な気持ちになったのかはわかりませんが、女性には問題はなかったのでしょうか?
そこで今回は女性に恐ろしい体験をしてもらいたくないので対策を取り上げてみました。
それではいきましょう。

スポンサードリンク

襲われやすい女性の理由は?服装



まずは、夏なので誰もが露出の多い服装になってしまいます。
私からしてみれば歓迎ですけど^^うふふ
私は変態ではないので安心して最後まで読んでくださいね。

露出が多すぎる服装は逆に男性からしてみると、目のやり場に困るという意見もありますが、ごくわずかだと私は思います。

男性たちは興奮してしまう傾向が強いと思います。(私も^^)

そういったきっかけがあるので狙われてしまうかもしれませんね。

 

夏の服装で男性の目線は女性のどの部分に多くいっているのか?
女性の夏の服装としてトップスは、キャミソール、タンクトップ、背中の開いた服装、ボトムスはミニスカート、ホットパンツ、ストレッチパンツ、ワンピース、浴衣などがあります。

私の場合はミニスカートに目がいってしまうマスネ^^
体のラインが出るストレッチパンツもヤバいです。
胸元なんかも大きく開いている服も目を引き付けると思います。
服装の色よりも服の隙間からの下着が見えてしまう服が男性には興奮のスイッチになると思います。

あくまできっかけでありますので、女性たちはこれらを踏まえて露出の少ない服装を選ぶのが危険から遠ざける手段だと思います。

スポンサードリンク


襲われやすい女性の理由は?特徴



襲われやすい女性の特徴は歩き方にあった!!
もちろん、時間帯にもよりますが、夏は日が落ちるのが遅くなっていますので、それにより時間の感覚が鈍り、夜遅くなることもあるといいます。
襲われやすい女性の歩き方は、歩幅が狭く、お尻を振るような歩き、片手は反対の腕と比べて少し高く振る歩き方が一番襲われやすいとされています。
更に男性は揺れるものに目が行きやすいともされています。
更にヒールので歩く際に出る音も反応させてしまいます。

じゃ~どうすればいいの?

反対のことをすればいいのです。
歩幅を広く、お尻を振らず、手は左右対称に振って、音を出さない。
これでどうでしょうか?
ぜひ参考にしてみてください。


防犯対策はこれだ!!



女性の人たちの意見ですが、男性からの防犯対策は教えてくれません^^
それはそうですよね。
でもそんな中で対策している人の意見を聞けたのでお伝えします。

1:ペット
人見知りなペットを飼っているみたいですね。

2:玄関、窓などのカギを複数にする。

3:防犯ブザー
携帯ブザー、サッシ、玄関に人感センサーなど

4:センサーライトなども効果があるみたいですね。

5:地域全体での取り組み
やはり隣近所との付き合いが大切でありますね。
データから仲の良い地域では犯罪が寄り付かないということもあります。


まとめ


女性の夏の露出は控えめにして、涼しい服装を・・・^^
襲われやすい女性の服装は・・・
女性の夏の服装としてトップスは、キャミソール、タンクトップ、背中の開いた服装、ボトムスはミニスカート、ホットパンツ、ストレッチパンツ、ワンピース、浴衣などなどです。
特に隙間のできる服は避けましょう。

襲われやすい女性の特徴は・・・
襲われやすい女性の歩き方は、歩幅が狭く、お尻を振るような歩き、片手は反対の腕と比べて少し高く振る歩き方が一番襲われやすいとされています。
逆をすればいいのです、ということになりますね。

防犯対策は・・・
防犯ブザーなどを携帯する。
地域全体の連携となってきますね。
家に来ることもあるので、侵入されない対策はしっかり行いましょう。
長くなりましたが、夏を楽しむためにぜひ参考にしてみてください。

それではありがとうございました。

スポンサーリンク