アウトキャスト第10話のけ者が二人ネタバレ感想シーズン2いつ?

おはこんにちこんばんは!!
アウトキャスト最終話『逃れられない運命』
いろいろなことが分かり、いろいろなことがまだ解決していない状態で終わりましたね。
こんな状態ならシーズン2を観るしかありません。
それではいきましょう。

スポンサードリンク

アウトキャスト第10話のあらすじ



1:アンバーの生死は?
悪魔に憑りつかれたメーガンはマークを殺めた。
まだ家にはメーガンの娘とカイルの娘がいた。
アンバーはメーガンの状態を把握しクローゼットに隠れた。
メーガンはクローゼットに隠れている二人を見つけたが何もしなかった。
その理由は?

2:カイルとアンダーソン牧師
メーガンの家に行き娘たちを救出。
しかし、メーガンがいない。
ガイルズ署長にすべてを話した。
法の世界と悪魔の世界をガイルズ署長は葛藤していた。
娘たちを保護してもらった。

3:メーガンの行方は?
メーガンはシドニーの元にいた。
シドニーの手下の消防士夫婦の家にいたのだ。
そこはベッドがたくさんあり、そこには数人の憑りつかれた人たち寝ていた。
しかも、目玉をえぐり取られ、✖と両方のまぶたに傷をつけられていた。

4:アンバー誘拐
アンバーがさらわれた。
カイルはシドニーのいうことを聞きアンバーの元へ。
会えたが二人は閉じ込められた。
そこはメーガンがいる場所だった。
アンダーソン牧師はシドニーのあとをつけてカイルの居場所を知った。
カイルを助けたときにメーガンがカイルに襲ってきた。
それを見たアンバーが『パパをいじめないで』とメーガンの背中に。
メーガンは苦しんで悪魔がメーガンの元から去っていった。
アンバーが悪魔祓いをしたのである。
アンバーとカイルは同じ力を持つことになる。
カイルとアンバーは町を出ることに。
途中、町の人たちが二人を見る目が違っていることに気付いた。
のけ者である。

5:アンダーソン牧師
頭にきたアンダーソン牧師はシドニーの家を燃やすことに。
火をつけたがそこには牧師の彼女の息子がいた。
次の日にシドニーが車を運転していたのを見かけ愕然となった牧師。

スポンサードリンク


アウトキャスト第10話の感想



1:なぜアンバーは襲われなかったのか?
それはアンバーにもカイルと同じ力を持っていたのですよ。
メーガンは襲おうとしたが、力が働いて逃げたのでしょう。
その証拠にクローゼットの扉につくはずのない血痕が残っていましたね。

2:ガイルズ署長の決断は?
法を下に解決しないといけないものが友人を助けるためにどうするのか?
カイルたちはすべてを見せて納得してもらわないといけないのではないですかね。

悪魔祓いの事実
憑りつかれた期間が短ければ、祓ったときは普段と変わらない状態になる。
憑りつかれた期間が長いと、祓ったときに人間の部分を奪われてダメージを受けた状態になる。

3:そこで何をしているのか?
視界を奪うことにより、人間の世界が嫌になり悪魔の世界に行かせようとしているのか。
なんにせよ、シーズン2を観なくてはいけませんね^^

4:二人は町を出た。
同じ能力を持った親子が町を出て、また戻ってくるのかな。
これは話の最初と同じですね。
のけ者にされた二人の運命は・・・

5:アンダーソン痛恨のミス
なぜ確認してから火をつけなかったのですか?
これがアンダーソンらしさなのですかね^^
これもガイルズ署長は助けてくれるのか?
アンダーソン牧師ものけ者状態ですからね^^


アウトキャストシーズン2はいつから?



アウトキャストのシーズン2はシーズン1が放送する前から制作していましたから、シーズン2はもう撮影終了しているかもしれませんね。
あとはいつ放送されるかですね。
決まっているのは2017年内ということです。
待つしかありません^^


まとめ


・メーガンの悪魔祓いは無事終了しました。
アンバーの手で。
・カイルとアンバーは同じ力を持っている。
二人はのけ者で町から出ることに。
・悪魔祓いの事実
憑りつかれた期間が短ければ、祓ったときは普段と変わらない状態になる。
憑りつかれた期間が長いと、祓ったときに人間の部分を奪われてダメージを受けた状態になる。
・ガイルズ署長の決断は?
・アンダーソン牧師のミスはどうなるのか?
いががでしたか?

それではありがとうございました。

スポンサーリンク