ケリという鳥は危険!?怖い威嚇と鳴き声を知る!駆除撃退方法は?

おはこんにちこんばんは!!
前回ケリについて書きましたけど、ケリは危険!?

ということもあるということで、ケリの生態についてはこちらをご覧ください↓

ケリという鳥の生態は?巣からヒナ、寿命と天敵は?動画と画像有

こんなにも子孫繁栄に一生懸命なケリが危険とは・・・
共存するには知る必要がありますね。
それではいきましょう。

wbsj-kyoto.net引用元

スポンサードリンク

ケリという鳥は危険!?怖い威嚇と鳴き声を知る!


私は残念ながら鳥に襲われたことがありません。
なんなら近くに寄って来るほどです^^

ケリに襲われたことがあるという人がいます。
鳥は警戒心が強い生き物です。
襲われた人はケリに何かをしたのではないですか?
襲われた人たちには共通点があります。
それは・・・
産卵から子育ての期間に近づいたからです。
ケリだけではありませんよね。
巣に近づいたら子が心配でなんでも襲ってきますよ^^
ケリの場合は人の近く(田んぼ)に巣を作りますから、知らないで近づいたからということです。
しかし、巣があるかといって農作業の仕事を怠るわけにはいけません。
これも共存の末です。
どちらも生きるために仕方がないのではありませんか。
襲ってくるほとんどが威嚇であります。
威嚇はクラクションのようなうるさい鳴き声で外敵に飛んできて威嚇します。
ケリにとって子孫を残すためにやるべきことなのです。
あまりにも多くのケリで迷惑しているのなら駆除撃退するしかありません。

www.youtube.com引用元

スポンサードリンク


駆除撃退方法は?


駆除撃退する前に・・・
こちらをご覧ください↓

ケリという鳥の生態は?巣からヒナ、寿命と天敵は?動画と画像有

ケリの威嚇はあなたに身体接触するような攻撃はしてこないと思います。
してきたとしてもダメージはないのかと。
ケリの鳴き声で眠れないとかある場合は、耳栓などとかで対策してみてください。
ケリの鳴き声がうるさい期間は繁殖期であります。
3月から長くて7月くらいなので良き共存を考えましょう。
それでももう耐えられない~という方は、役所の市民相談課に相談してみては?
お住まいの自治体には特に捕獲してはいけない等の規則はありませんか?
詳しく調べて相談してから、この方法が一番最適だと思います。
毒エサ等で駆除してしまうのが一番完璧な方法だと思います。
できれば駆除なしで検討してみてくだされ。


まとめ


ケリの危険はあなた次第。
ケリがあなたに襲ってくるのは子を守るためですよ。
あなたの近くに巣があるのです。
威嚇がそのためですね。
駆除撃退する前に良き共存を考えてみてくださいね。
いかがでしたか?

それではありがとうございました。

スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 私はケリママ・ケリパパと呼んでるんですが、初めて気づいたのは会社の駐車場の倉庫の屋根にたくさん居て、ケリケリとうるさく鳴いていたのがきっかけでした。ある時ふと田んぼを見渡していると、小さくちょこちょこ動いているのに気づきました。そこにはケリママとケリパパが居て雛ちゃんだと。わぁ~かわいい
    それから毎日観察してました。雨の日風が強い日どうしてるんだろう?心配でお昼休みに見に行くと、ケリママが雛ちゃんを自分の身体の中に入れて守っているではありませんか、なんて愛情が深いんだろうと涙があふれてきたのを思い出します。烏が来るたびケリケリと鳴く声に、雛ちゃんが心配で心配で仕事が手に付かない程でした。朝会社に行くと居ないんです。心が痛みました助けに行った事もあります。本当に自然は厳しすぎると痛感させられました。今日も一週間前に子育てしているケリママが居たので、休みの日以外逢いに行きました。かわいいですスクスクと日に日に大きくなっていたんですが、残念な事に居なくて探しましたが烏にやられたんだなぁと涙が出てきました。ケリママも愛情いっぱいに育ててましたから。可愛い大切な命だったのに本当に厳しすぎます。

    • キムキムさん、コメントありがとうございます。

      キムキムさんは動物好きでケリママ、ケリパパを観察している
      風景が目に浮かびます^^

      私も子供と散歩やお迎えなどで田んぼに立ち寄ることがあるのですが、
      田んぼ内の生き物を観察しています。
      とても面白く楽しいです。

      生き物たちが同じ環境で生きていることは、
      時には良く、時には悪く、自然の摂理の厳しさを感じます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください