杉村太蔵が持っていた株はどこの?マンション場所と購入額は?

おはこんにちこんばんは!!

株より競馬のほうが効率よく儲かると聞いたので、休日出勤中に携帯で競馬をしていたら5万の損害を得たバム男でございます。

それっきりしていません。

さてさて、日曜日午前10時のテレビは、ワイドナショーかサンデージャポンというところですが、私はワイドナショーとなっております。

しかし、サンデージャポンにレギュラーでご出演なさっている杉村太蔵さんが、マンションを購入したと言われておりました。

購入資金は、株ということです。

持っている株がさわやかに上がったので、売って・・・購入。

は?

そんなに儲かるの?

それではいきましょう!

www.asagei.com引用元

スポンサードリンク


マンション場所と購入額は?


 

杉村太蔵さんは以前、国会議員として有名でありましたが、現在も有名です^^

その当時は、衆議院赤坂議員宿舎に入居されておりました。

別名『恐怖の館』と言われておりました。

その理由として、超高級豪華ということもあって、その土地でそんなに家賃が安いと、世間様方の反応が恐ろしくて入居を拒否する議員が多くあったという。

私らの税金でー!!

みたいなことですね。

 

現在は政治家を辞めて、株やタレントとして活躍なさっておりますね。

そして、家族で港区のマンションで生活されているみたいです。

今回はどこの場所に引っ越しされたのでしょうか?

 

ヒントはマンションの値段になりますね。

本人に聞けたらいいのですが・・・^^

番組では、5億はしないとおっしゃっておりました。

スタジオのみんなは騒然となりました。

その反応を受けて、「5億円以下ですよ!以下、以下、以下!2000万円かもしれない」

と、言いました。

それはわかりますが、4億から5億ということになりますね。

 

都内の高級マンションを調べてみますと・・・

千代田区のパークマンション千鳥ヶ淵で4億6,200万円なーり。

港区の虎ノ門ヒルズレジデンスで4億7,500万円なーり。

渋谷区のグランドメゾン松濤で4億1,500万円なーり。

一応、都内で4億から5億のところを探してみました。

 

また、子供が小学生ということもあって、親は都合や自由に引っ越したりしますが、子供がいるとなると転校ということになってしまいますね。

友達との別れ。

慣れない場所での学校生活。

それを考えない親はいないと思います。

杉村太蔵さんは、株を売ってのマンション購入となりますから、ただの引っ越し、ということに考えられますね。

離れたところには引っ越さないと思いますので、港区からは出ない。

 

港区の虎ノ門ヒルズレジデンスで4億7,500万円なーりということになりますね。

これは私の推理でありますから・・・

でも気なることが、別にマンションを購入しただけで、現在のマンションと二つを共有となれば話は別物になってしまいますね^^

スポンサードリンク


杉村太蔵が持っていた株はどこの?


杉村太蔵さんが持っていた株とは、何の株だったのでしょうか?

わかるはずがありませんよね^^

まず簡単な説明として、日経平均のETFとかは1口から買えます。

10口買って200円上がったら2000円の儲けということになります。

また、300万円以下の投資は、原資が小さすぎて大きく利益が出ないと言われております。

更にまた、株取引では売買手数料というものが発生いたします。

杉村太蔵さんの手数料とは、3000円なーり。

杉村さんのネット証券会社で手数料3000円というのは、投資額が400万からということ。

このことから、彼の運用額は400万以上ということになりますね。

 

株の運営は、経済情報、世界情勢などなど、いろいろな知識が必要になる中、杉村さんは以前のインタビューでオリンピックに注目していたことをお話にしておりました。

その通り、東京オリンピックであります。

その中で、建設業に目を向けていた。

ちゃんと自分で下調べを行い、建設株、技術力のある中小企業を買ったとされております。

更に、オリンピンク関連では、カジノ関連株、観光業、エンタテイメント業に注目なさっているようですね。

 

彼の年収は、株を除いて5000万以上と言われております。

どこかの株が爽やかに上がったので、売って4億から5億のマンションを購入しました・・・

私の考えの桁とは程遠い次元の話をしているみたいですね。

見当がつきません^^

また、購入方法がわかっていないので、見当がつきません^^


まとめ


いかがでしたか?

星の数ほどある株の銘柄、高額な株と絞って調べてみても、株の高騰はわかりませんからね。

勉強不足なだけですかね。

 

それでは最後までありがとうございました。

スポンサーリンク