浅田舞の弓月役がセクシーと話題に!画像と原作のあらすじは?

おはこんにちこんばんは!!

漫画を読むときは、必ず単行本で読むことと、完結してから全巻買って読むバム男でございます。

さてさて、今年フィギアスケートを現役引退した浅田真央さんが話題になりましたね。

涙を我慢しての会見は、涙を誘っておりました。

その浅田真央さんの姉、浅田舞さんが初挑戦となる舞台が決定いたしました。

前々から舞台はあったみたいですが、シークレットキャストしてのご出演となります。

その舞台が『煉獄に笑う』という漫画が原作となっておりますね。

この舞台で浅田舞さんが演じる役の衣装が露出し過ぎなのではと話題になっております。

さて、どのような衣装なのでしょうか?

 

それではいきましょう!

スポンサードリンク


浅田舞の弓月役がセクシーと話題に!画像と原作のあらすじは?


まず初めに、舞台はどのようなものか、ストーリーが気になりますよね。

浅田舞さんのセクシー衣装を見るだけに舞台に行くことはないとは思いますので^^

前もってあらすじを把握しておけば、初見でもわかりやすくなると思います。

時と場合によりますが・・・

 

漫画「煉獄に笑う」のあらすじは?

私的に説明いたします。

1878年、明治維新以降では犯罪者があふれかえっていた。

監獄(刑務所)でももちろん犯罪者であふれかえっていた、

プラス、

脱獄も頻繁に行われていた。

これではだめだと、そうだ、再建しよう!

ハイ完成!

脱獄不可能な監獄『獄門処』の完成。

獄門処に護送を担当していたのは、曇三兄弟

それと重なって、300年に一度という長期の曇天が続いていた。

三兄弟の長男が以前所属していた『ヤマイヌ』が人に災いをもたらすことのできる

「大蛇の器」を求めているのだった。

ここから、正義と悪の戦いがはじまる・・・

 

というものですね。

私も一度漫画を拝見して見ますかね。

舞台では大事な部分だけとなると思われますので、始まりが肝心なところであります。

スポンサードリンク

 

ところで弓月とは?

浅田舞さんが演じる、弓月とはどのような人物なのでしょうか?

「芦谷弓月」(あしやゆずき)

弦月(げんげつ)という名で、傾城屋(けいせいや)宵で働いている遊女。

京の情報屋といったところですね。

陰陽師であるとかないとか・・・

衣装からそのようにも見えますね。

お色気を武器にしているのですかね^^

 

浅田舞さんの弓月のセクシー衣装はこちら

headlines.yahoo.co.jp引用元

公演場所と日程は?

東京:サンシャイン劇場、2017年8月24日(木)~9月3日(日)

大坂:森ノ宮ピロティホール、9月8日(金)~10日(日)

追加公演もあるみたいなのでぜひ行ってみてはいかがですか?


まとめ


いかがですか?

今から原作の漫画を読んで舞台公演に備えておくのも良し!

 

それでは最後までありがとうございました。

スポンサーリンク