仙台光のページェント2018の幸せのピンクの電球の場所はどこ?

こんにちは、バムです。

 

宮城の三大祭りは青葉まつり、七夕まつり

「仙台光のページェント」

であります。

 

今年も冬の祭り、光のページェントが開催されていますね。

12月8日から点灯されています。

 

これがまたキレイなんですよね^^

以前と比べると電球の数が減ったということなのですが、

減ったことを感じさせないくらいに辺りは電球の光で見事ですね。

 

点灯する瞬間がたまらないです!

周りはどこを見ても人なのですが、

点灯した瞬間の「オーー!!」

という歓声がまた感動させてくれます^^

 

個人的な感想はここまでに是非足を運んでみてはいかがですか?

 

仙台光のページェント2018の期間と時間帯は?

 

毎年60万個の電球が道路沿いの並木に設置され、

夜の黒の色がなくなるくらい明るくなって、

疲れた体を癒してくれます。

 

地元の方にとって道路は渋滞するし、歩道は人混みで

普通には歩けない状態になりますが、

1年に一回は「見たい!」と思わせるイベントの一つですね。

 

また、魅力を語ってしまった・・・

 

それほど好きなイベントということですね^^

 

ここで期間や時間など載せておきますね。

 

光のページェント

実施期間:2018年12月8日~31日24日間

 

点灯時間:

日曜~木曜 17:30~22:00
金曜・土曜 17:30~23:00
12月24日(日)23:00消灯
12月31日(日)24:00消灯

となっております。

 

仙台光のページェント2018の幸せのピンクの電球の場所はどこ?

 

今回の記事の本題、ピンクの電球。

 

仙台光のページェントでは60万個の電球が

仙台の夜の街を魅了してくれます。

 

その60万個のたったの1つだけ、電球の色が違うということ。

 

噂、都市伝説的な感じで60万個の中から見つけると

幸せが訪れると言われていますね。

 

よくある話ではありますが、これもイベントの醍醐味の一つでは

ないでしょうか。

 

探さなくてもいいですし、探してもいいですし

たまたま見つけてもいいですし・・・

ラッキー!て感じですね。

 

幸せのピンクの電球の発端は?

 

これも都市伝説的ことになりますが(個人的にね)

発端は宮城県育ちの

さとう宗幸さん、愛称は「宗さん」。

 

誰も聞いたことがある「青葉城恋唄」で有名ではないでしょうか。

 

宗さんは宮城のテレビ番組「OH!バンデス」で

MCを務めていて、宮城の方にとってはなくてはならない

夕方の情報番組ですね。

 

この番組で宗さんが光のページェントの電球の取り付けを

手伝ったときに1個だけ色の違うピンクの電球を

取り付けたのが発端とされていますね。

 

番組は生放送で、宗さんが口を滑らせ

「電球の中に一つだけピンクの電球があるよ」

みたいなことを言ってしまって現在に至ると言われていますね。

 

その後、番組内では口を滑らせたことをなかったことのように

焦った感じで進んでいきました。

 

 

また、ピンクの電球は本当は一つもなくて

光の加減でピンクに見え、それを誰かが一つだけ違うと認識し

広まっていった説。

 

本当のところはわかっていないですが、

宗さんが隠す理由もわかりませんね^^

 

 

幸せのピンクの電球の場所はどこ?

 

あの広い場所から1個の電球なんか見つからないよ~

 

どうする?

 

聞いてみるか?

 

警備員と電球を設置した業者?に尋ねてみると・・・

「教えられない」

「どこだっけかなあ~」

みたいな教えてくれません^^

 

ピンクの電球の場所は毎年変更されるので

現地で見つけるしかありませんね。

 

また、毎年一週間ほど場所が判明しないですね。

8日から現在は6日が経っていますが、

判明したのでしょうか?

調べてみました。

 

 

調査していたら今年は2個あるみたいですよ!!

 

でも60万個から2個か~

 

 

見つけた人はたくさんいるみたいですが、

肝心の場所がわかりませんね。

 

場所を知って見に行っても、「あった」で終わりそうですね。

自分の力で見つけるから「あったーー!!」と

なると思いますね^^

 

なので幸せが訪れるということなのかもしれませんね。

 

これがピンクの電球の真相かもしれません。

 

 

 

今年の光のページェントはまだ行っていないので

私も自力で見つけるつもりです^^

スポンサーリンク