〇〇な人の末路の原作の最終回(ネタバレ)の結末が気になる!

こんにちは、バムです。

 

2018年の冬も終わり春がやってきましたね。

今年の冬は雪が多かった。

多すぎて車の運転も大変でした。

肩が凝る感じ。

 

そして春。

新たなドラマも始まりますね。

 

今回は、

いくつもある春ドラマの中で見たいドラマを抜粋して

気になることを記事にしていこうかと思います。

 

そのドラマは、

○○な人の末路。

Kis-My-Ft2の4人が出演するドラマであります。

 

キスマイも気になりますが、

ドラマのあらすじについて書いていこうと思います。

 

それではいきましょう!

 

画像引用元:www.ntv.co.jp

 

○○な人の末路のドラマの最終回の結末は?

 

ドラマの最終回って、まだ始まってもいないのですが^^

ドラマというものは主に原作があって

その原作をドラマ化が主流となっていますよね。

 

原作が面白いから売れているからドラマ化にも

発展するうなぎのぼりする傾向にあります^^

 

その原作となる

「宝くじで1億円当たった人の末路」

という鈴木信行さんの本ということです。

 

 

 

このタイトルでもう見たくないですか?

そして原作の本も読んでみたくないですか?

 

ここだけでドラマを見たい!なった今日この頃の私であります^^

 

原作では23の末路としてお話がありますが、

ドラマではそこから4つの末路を抜粋して

ドラマ化していったみたいですね。

 

その4つの末路をそれぞれKis-My-Ft2の4人が

演じるというわけですね。

 

鈴木信行さんの他の作品は?

 

 

 

 

なんか鈴木信行さんの作品は読みたくなるような

タイトルですね。

自分に足りない物を探すかのような衝動です。

 

宝くじで1億円当たった人の末路も

他人が下した選択を知るということは

自分の心の安定につながるみたいですよ。

 

原作の4人の結末は?

 

 

宝くじで1億円当たった人の末路の原作では23の末路が

書かれています。

 

その中で、代表的な2つを抜粋してみました。

 

・宝くじで1億円当たった人の末路

何となく話の結末がわかりそうですが、

急に大金を手に入れたが、準備しておかないと

トラブルなどに巻き込まれ貧困に陥ってしまうみたいな。

 

宝くじはギャンブル。

確率的には交通事故で死んでしまうよりもものすごく低い

確立になっています。

また、買い続ければ・・・買わなければ当たらない・・・

といつか当たると心のどこかで思っている自分。

 

あそこの売り場ならば・・・

どこで買っても確率は同じ。

 

今回は当たった人の末路なので当たる前に

しっかりシュミレーションしておいて

トラブルにならないように準備しておく必要がありますよ。

原作ではどん底に・・・ということですね。

 

 

・キラキラネームの人の末路

キラキラネームとは、

今の時代になって変わった名前を自分の子供に

つける人が多く見られるようになりましたね。

 

昔、悪魔という名前を市に提出して断られたニュースを思い出します。

 

他にも外国人みたいな名前を当て字でつけられる方も多いですよね。

親はいいが、子供にとって苦難の道が待っているかもしれない。

いじめの標的、受験に不利、仕事、就職にも不利。

名前だけで判断はしないと思いますが、

現に認めないところもまだあるということですね。

 

問題を抱えて生きていくという末路となりますね。

 

 

結末は人それぞれですが、

他人の選択したことを知るということは

自分の心の安定に繋がるということに

つながってくるということ。

 

なので、

 

ドラマの4人の結末も大変な経験をして

最後には人生の糧になるという結末ではないかと思います。

悲しく酷い結末にはならないと思います。

 

まとめ

 

今回の記事を書いてみて、

最初に鈴木信行さんの本を読んでみようと思いました。

これから生きていく何かに必ず必要なものになるのではないかと思いました。

 

それでは最後までありがとうございました。

 

スポンサーリンク